ヤマト運輸

ヤマト運輸は、宅急便といえばクロネコヤマトといわれるほどの知名度の高さがあります。

また、現状の宅配便はヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の3社が9割を占めているといわれています。そのなかでもヤマト運輸は、全国を網羅するネットワークや地域密着型のサービス、荷物を運ぶだけではない課題に対する解決力といった特徴があります。

たとえば、宅配便ネットワークを考える上で大切なことに「ラストワンマイル」という言葉があります。

ラストワンマイルとは、配送センターから利用者に荷物が受け渡されるまでの最後の区間のことをいいますが、宅配の再配達といったラストワンマイルでの差し戻しが問題視されています。

再配送は、それに伴う労働時間を発生させるため大きな社会損失をうむことになります。
そして「最後の1マイル」の問題は配送料の値上げにもつながっていきます。

次に地域密着型のサービスとして、セールスドライバーの存在が大きくあります。
集配業務のなかで顔を合わせ生活に密着しているからこそ、各自治体が抱える問題にも協力して積極的に取り組んでいます。

しいては、荷物を運ぶだけではない課題に対する解決力がヤマト運輸の総合力となり、他社にない魅力へとつながっています。

そこで今回は、ヤマト 運輸についてお伝えします。それでは一つひとつみていきましょう。

スポンサーリンク

ヤマト運輸の荷物追跡について

最近では、Amazonや楽天といったネットショッピングの利用が増えています。
生活スタイルが多様化しているなか、常に持ち歩いているスマートフォンの自動荷物追跡&再配達依頼アプリを利用して簡単に荷物の状態を把握することができます。

《ウケトル》
・iOS、Android対応
・主な機能:荷物の自動追跡・すぐそこプッシュ通知・かんたん再配達依頼・商品購入履歴の表示・商品購入機能・ECショップ連携など

このアプリですが、荷物が届く直前に通知してくれるので、配達業者側からも不在率が下がり受け取る側も便利に利用することができます。ただし、配送会社の入力のタイミングによっては通知が前後する場合があるので注意が必要です。

また、ヤマト運輸を含め佐川急便、日本郵便など荷物の追跡を正確にしてくれるため、現在の荷物の場所がひと目で把握することができます。

さらに、ワンクリックで再配達依頼ができることがこのアプリの一番のメリットになります。

ここまで、受け取る側のメリットを紹介しましたが、このアプリの利用率が増えることで配送業者の不在配達率も1割減少しています。そのことからも、配送業者にとっても大きなメリットがあるアプリといえます。

たとえば、配送業者にとってのメリットは以下のようなことが考えられます。

①お届け先がいつも不在では配達員の負担が大きいため、不在率を減らすことができます。
②配達員の残業時間を減らすことで業務負担を減らすことができ同時に経費の削減もすることができます。
③受け取る側が配送状況をひと目で把握することができるので、可視化という点で他社との差別化を図ることができます。

一見、このアプリの開発コンセプトは受け取る側のメリットを考えているようにみえますが、企業側の問題改善に焦点をあてています。
人手不足からの残業問題や人件費の問題の改善に一役買っている部分も大きくあります。

無料で使える「ウケトル」を利用して不在が減ることで再配達も減るため、ラストワンマイルの問題解決へつながるように思います。

ヤマト運輸の荷物問い合わせについて

最近では、LINEとクロネコメンバーズを連携することで、簡単に荷物の問い合わせをすることができます。

たとえば、LINEを利用することで以下のような便利な機能が使えます。

①荷物問い合わせボタンをタップすることで、LINEのトーク上で配送状況を確認することができます。
②LINEのトーク画面で話しかけることで、受け取り日時や受け取り場所を変更することができます。
③LINEの通知メッセージを活用することで、荷物の配達予定や不在配達の確認をすることができます。
④ネコピットを利用することで、送り状を手軽に発行することができます。

LINEとクロネコメンバーズの連携をすることで便利に利用できる機能が満載ですが、今後も利用場所の拡大やLINEで荷物が送れるなどさらなるサービスの充実を予定しています。

《LINEとクロネコメンバーズの連携方法》
①既にクロネコメンバーズの方は、ヤマト運輸公式アカウントの友だちになります。
②ヤマト運輸LINE公式アカウントでクロネコIDを連携します。

また、クロネコメンバーズ未登録の方は、ヤマト運輸LINE公式アカウントの友だちになったあと、連携画面より新規登録をします。

このように、LINEとクロネコメンバーズを連携することで、不在連絡の通知もLINEで受け取れ各種変更も手軽にできるので手間なく簡単に荷物を受け取ることができます。
LINEを利用している方には、おすすめのサービスです。

スポンサーリンク

ヤマト運輸のサービスセンター一覧

ヤマト運輸のサービスセンター一覧は以下の公式サイト内から検索することができます。

《ヤマト運輸:サービスセンター一覧》
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/center/servicecenter_list.html

また、以下のサイトから営業所などを検索することができます。

《直営店・取扱店・ドライバー》
https://www.e-map.ne.jp/p/yamato01/

ヤマト運輸には便利な「宅急便センター受け取りサービス」があります。
宅急便センターは全国に4000あり、受け取り場所に指定して送ることで54円お得になります。

「宅配便センター受け取りサービス」を利用することで以下のようなメリットがあります。
①受け取る側の都合に合わせて受け取ることができます。
②割引になることでお得に送ることができます。
③宅急便センターに到着するとメールで通知してくれます。

たとえば、家族でキャンプなどアウトドアをする際、途中で道具をピックアップすることで荷物を持たずに向かうことができます。
また、受け取る人の都合にあわせて受け取ることができるので、相手の都合がわからない場合にも便利に利用できます。
子供のプレゼントなどサプライズとしても便利なサービスです。

各種料金に関しては、ヤマト運輸公式サイトより確認できます。


 
《ヤマト運輸:宅急便センター受け取りサービス》
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/services/tc-receive/

《各種料金の確認方法》
①宅急便・宅急便コンパクト・クール宅配便・宅急便タイムサービス・超速宅急便などから利用したい種類を選びます。
②発送元、お届け先を選択します。
③各サイズの料金が表示されます。

《宅急便センター受け取りサービスの利用手順》
①送りたい荷物を用意して、利用できるサービスを確認します。
(宅急便・宅急便コンパクト・クール宅配便・パソコン宅急便・宅急便タイムサービス・超速宅急便)
②宅急便センターを確認します。
③送り状を作成します。
(手書き・集荷依頼時に送り状を作成・送り状を自宅で出力・ネコピット・アプリ・LINE)
④発送します。
(自宅などからの発送・直営店への持ち込み・取扱店への持ち込み)

《保管期間について》
①常温:到着日を含んだ7日間の保管期間になります。
②冷凍・冷蔵:指定日を含めて最大で3日間の保管期間になります。

「宅急便センター受け取りサービス」に関しては以下の電話番号から詳細を確認することができます。
・固定電話:0120-01-9625(受付時間:8時から21時・年中無休)
・IP電話:050-3786-3333

このように「宅急便センター受け取りサービス」は便利で身近なサービスとして利用できます。
割引や時間指定、着払いも可能なため、利用シーンに合わせて幅広い活用法があります。

スポンサーリンク

ヤマト運輸の運賃一覧表

ヤマト運輸の運賃全国一覧表は公式サイトから確認することができます。

《ヤマト運輸:運賃一覧表:全国一覧》
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/search/estimate/ichiran.html

ヤマト運輸といえば運賃の値上げ問題がありましたが、AmazonやYahooオークションなど昔はなかった仕事が現在では大量に増え、売上は上がっても結局はドライバーや仕分けの人に負担がかかり採算がとれなくなったように思います。

また、再配達の増加による人手不足解消や残業手当の支給とも考えられます。

サービスという言葉が無料という意味を持つのは日本くらいのように思います。
良いサービスには対価が必要ということを、そろそろ日本でも定着させるべきです。

ヤマト運輸のセンターコードについて

ヤマト運輸のセンターコードを知りたい場合、公式サイトから知りたい営業所名を検索することでセンターコードも確認することができます。

《直営店・取扱店・ドライバー検索》
http://www.e-map.ne.jp/p/yamato01/

東日本大震災でも多く利用された「営業所止め」ですが、センターコードさえあれば仕分けすることができます。

基本的には以下の情報が必要になります。
①営業所名(例:○○宅急便センター)
②センターコード(各営業所に割り当てられています)
③届け先の名前
④電話番号

通常の伝票記入と異なる点は、「お届け先」の欄にセンターコード、宅急便センター名の記入と「宅急便センター受け取りサービス」の項目にチェックを入れることです。

スポンサーリンク


 
いかがだったでしょうか?今回、ヤマト 運輸についてお話しました。

宅配問題には政府も乗り出していますが、流通というの非常に大きなものになります。
今の文明社会において、流通は最大経済や食料確保に次ぐ重要なものであり、非常に重大なことでもあります。

そのため、流通大手が値上げをした場合、流通量が減ってしまう可能性があり、このことは経済にも影響を与えてしまいます。

ラストワンマイルの問題は非常に深刻なことですが、宅配ボックスを有料でもよいので共同利用で作るべきだと思います。
また、宅配ボックスの設置はこれを仕事にする企業も出てくるので解決方法のひとつになるはずです。

また、宅配ボックスが実用化されることで、宅配便が受け取られずに発送元に返送されるケースがなくなり、再配達にかかるエネルギーや労働力を大幅に節約できます。

宅配便はサービス開始からまだ40年ほどの歴史しかないため、まだまだ進化の余地があるように思います。

セールスドライバーは肉体労働もありときには持久力も強いられます。
さらに低賃金で人手不足から、長時間労働も強いられることがあります。

宅配ボックスの設置が再配達の問題解決につながるとは思いますが、セキュリティや受領印といった問題もありその辺の解決策も必要になってきます。

近年ではネットショッピングでの注文がますます増加しています。
そのため、膨大な数の荷物に対して人員不足の問題がありますが、人件費削減のため人員を増やすことができず対応に苦難しているように思います。

そのなかでも訪問時に荷物を受け取るお客さまが不在だったというケースが非常に多く、再配達の手間がかかり配達員が苦労しているというのが大きな問題です。

ヤマト 運輸について知りたい方は、今回の記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク