虎ノ門ヒルズ

2014年に開業した虎ノ門ヒルズは、新たな東京のランドマークとして虎ノ門から新橋を結ぶ環状二号線を森ビルが再開発した複合高層ビルです。

正面広場には、スペインのアーティストが手がけた世界の人種や文化を超えた世界平和の共存を意味する
パブリックアートが設置されています。

この森ビルが再開発を手がけた商業複合ビルは、オフィスやホテル、レストランが入っていて地下部分に道路が貫通していることが特徴です。その道路はGHQのマッカーサーが建設を命じたとされる、マッカーサー道路こと環状二号線として有名です。

2020年にひかえる東京オリンピック・パラリンピックでは各競技場をつなぐ大動脈となる重要な道路になります。

また、虎ノ門ヒルズの入り口には森ビルと藤子プロによって共同制作された「トラのもん」が設置されています。

虎ノ門ヒルズのオリジナルキャラクターで、ドラえもんと同じ工場で作られたネコ型ビジネスロボットとして訪れる人たちから親しまれています。いたるところに「トラのもん」がいるので、探してみるのも楽しみの一つです。

そこで今回は、虎ノ門ヒルズについてお伝えします。それでは一つずつ見ていきましょう。

○虎ノ門ヒルズ http://toranomonhills.com/

虎ノ門ヒルズ駅

日比谷線の新駅の名称が「虎ノ門ヒルズ駅」に決まりました。

霞ヶ関駅と神谷町駅の間に位置する虎ノ門築地区は、複合ビルを中心に開発が進められています。

新駅の名称の選定では、「違和感なく分かりやすい駅名」として馴染みのある施設名をそのまま駅名にしました。

新駅は虎ノ門の交差点に近く、交差点を挟んで南側が虎ノ門ヒルズ駅、北側が霞が関駅になります。また、新駅の名称の決定にともない駅のナンバリングが変更されます。

新駅の虎ノ門ヒルズ駅のナンバリングが「H 6」となるため、霞が関駅が「H 7」というように順次繰り下がることになります。同じく新駅の「高輪ゲートウェイ」とは違い、霞ヶ関駅から北千住駅までのナンバリング変更という広範囲な作業です。

山手線・京浜東北線の新駅「高輪ゲートウェイ」に続き発表された「虎ノ門ヒルズ駅」は、ともに2020年の開業を予定しています。

○東京メトロ ≫ ニュースリリース ≫ 日比谷線新駅の名称を「虎ノ門ヒルズ駅」に決定しました
https://www.tokyometro.jp/news/2018/194766.html

○ 日比谷線新駅の名称を「虎ノ門ヒルズ駅」に決定しました!(PDF形式)
https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20181205_120.pdf

虎ノ門ヒルズ森タワー

新橋駅からほど近いところにある虎ノ門ヒルズは、六本木では馴染みの森ビルが手がけた商業複合高層ビルです。

周辺には森ビルが手がけた建造物が多く、掲げられているオリンピックのロゴからは、東京オリンピック・パラリンピックで
選手村と各競技場がつながる大動脈となる重要な道路になることが分かります。

虎ノ門ヒルズ内は、洗練された開放的な空間が広がり六本木ヒルズと同じような広いフロアが特徴的です。

1階から4階のショップやレストランのなかには、シェアスペースであるビジネスラウンジをはじめ、コンビニやカフェ、ヘアサロンも入っていて、オフィスワーカーの生活をトータルでサポートする機能が備わっています。

なかでも、開放的なワークスペースは、大手コンビニチェーン「Family Mart」と「THE 3RD」が共同で提供している空間です。
ワークスペースには一人での作業に対応した個室も備わっていて、大人数以外のちょっとした作業にも活用できます。

○虎ノ門ヒルズ森タワー https://bit.ly/2E4yL2R

虎ノ門ヒルズ アクセス

虎ノ門ヒルズへの交通アクセスは、公式サイトの「アクセス」のページで確認できます。

○虎ノ門ヒルズ ≫ アクセス
http://toranomonhills.com/access/

虎ノ門ヒルズへは最寄り駅から徒歩で行くことも可能で、東京メトロ銀座線の「虎ノ門駅」が徒歩5分とオススメです。1番出口から直進すれば、虎ノ門ヒルズが見えてくるので迷わずスムーズに向かうことができます。

また、東京メトロ日比谷線の「神谷町駅」や東京メトロ千代田線・丸ノ内線・日比谷線の「霞ヶ関駅」も、神谷町駅の3番出口、霞ヶ関駅のA12番出口を出て「桜田通り」を直進すれば虎ノ門ヒルズに到着するのでこちらもオススメの最寄り駅です。

観光スポットとして有名な虎ノ門ヒルズへは、初めて訪れる人でも迷わないバスでのアクセスもオススメです。

東京駅から虎ノ門ヒルズに行く場合、まず「丸の内南口改札」に向かいます。「丸の内南口改札」を出ると郵便局があって、目の前のバス停から「東急バス 東98系統」の「等々力操車所前行き」に乗車します。「西新橋2丁目」で下車すると虎ノ門ヒルズが見えるので迷わず到着できます。

そのほか、虎ノ門ヒルズには駐車場もありますが、入り口が一ヶ所しかありません。

駐車場の入り口に到着後は係員の指示に従って駐車してください。

虎ノ門ヒルズ周辺には、火伏せ神さまとして知られパワースポットとしても有名な「愛宕神社」をはじめ、解体新書で知られる杉田玄白の墓がある「栄閑院」、NHK放送の歴史が学べる「NHK放送博物館」、銀座線・虎ノ門駅を上がるとすぐにあり都会の真ん中に位置する「虎ノ門 金刀比羅宮」など、近代的な建物が建ち並ぶ虎ノ門ヒルズ周辺には歴史を感じさせる観光スポットも多数存在しています。

虎ノ門ヒルズに立ち寄る前に、周辺に広がるレトロな街並みや観光スポットを散策してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

虎ノ門ヒルズ ランチ・レストラン

虎ノ門ヒルズのレストランについては、公式サイトの「レストラン&ショップ」のページでそれぞれの店舗の詳細が確認できます。

○虎ノ門ヒルズ ≫ レストラン&ショップ
http://toranomonhills.com/shops_restaurants/

また、下記のサイトでは人気店や穴場の店、週末営業のお店など、虎ノ門ヒルズ内でランチが楽しめるさまざまなお店を紹介しています。

○食べログ ≫ 虎ノ門ヒルズ内のランチ 昼の人気ランキング(日曜営業)
https://tabelog.com/tokyo/P096979/premiseLst/lunch/cond14-00-00/

○ヒトサラ ≫ サラリーマンもOLも!仕事の息抜きにピッタリ虎ノ門ランチ27選
https://hitosara.com/contents/ugc/00131.html

○DEAR ≫ 虎ノ門ヒルズデートでランチするならここ!記念日ランチもバッチリな予約推奨レストランランキングTOP 5
https://dear-mag.jp/8773

スポンサーリンク

虎ノ門ヒルズフォーラム

国際水準で最大級のカンファレンスセンターである虎ノ門ヒルズフォーラムは、無柱・分割可能な3つのホールと4つのミーティングルームで構成されています。

国際会議をはじめ、シンポジウムなどの多彩なイベントに対応できる設備を整え、羽田空港からのアクセスもよいことから国際交流の場、新しい情報発信のための理想的な空間として利用されています。

また、4階・5階では700名規模のセミナーやビジネスイベント、パーティーも開催できるホールが備わり、1階から4階にはさまざまなレストランやショップが点在します。

パーティーメニューは、ホテルオークラ東京をはじめ、ヒルトン東京お台場、ANA インターコンチネンタル東京など厳選されたこだわりのケータリング各社から選ぶことができます。

メニューの詳細や価格については、アカデミーヒルズ フォーラムグループまで問い合わせしてください。

(アカデミーヒルズ フォーラムグループ)
・電話番号での問い合わせ:03−6406−6226
・メールでの問い合わせ:conference@academyhills.com

○虎ノ門ヒルズフォーラム
https://bit.ly/2BU1HcG

○虎ノ門ヒルズフォーラム ≫ ケータリングサービス
http://forum.academyhills.com/toranomon/catering/index.html

スポンサーリンク

いかがだったでしょうか。

今回、虎ノ門ヒルズについてお話しました。

ここ虎ノ門周辺は近代的な高層ビルと情緒あふれるレトロな居住地が共存していて、散策してみるとイメージとは異なる風景が広がっています。

再開発当初、この港区の六本木周辺は地元住民からの反対が根強く、立ち退きへの同意をなかなか得られませんでした。

そのため、森ビルの社員たちが住民とともに住み時間をかけて交流を深めることにより、立ち退きの同意を得たという話があります。

周辺には省庁の合同庁舎が集まる霞が関がある虎ノ門ヒルズは、ほとんどがオフィス棟ですが1階から4階にはレストランやショップ、ワークスペースなどが点在しています。

47階から52階にはラグジュアリーホテルとして知られているハイアットグループのアンダーズ東京虎ノ門ヒルズがあります。

眼下に広がる開放感ある景色と和風モダンな雰囲気から、外国人観光客にも喜ばれる造りになっています。

温かで家族のような細やかさがあるホテルは、ゆったりとした空間から落ち着いた大人の時間を過ごせます。

また、緑の庭園を感じさせる空間に立ち並ぶ店舗ではカジュアルなスタイルでランチを楽しめ、東京のランドマークとして連日にぎわいを見せています。

虎ノ門ヒルズについて知りたい方は、今回の記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

公式メルマガの登録はこちら

SHIRITAIのお役立ち情報メルマガでは、ブログではお伝えできないお役立ちの最新情報をお届けしています。よろしければメルマガへも登録してみてください^^

メルマガの登録はこちら