東京 天気

最近では、都心部での広範囲なゲリラ豪雨がみられ、大気が不安定な状態が続いています。また、関東や九州を中心に全国的にも局地的な大雨が降っていて、ところによっては冠水するような状況もみられます。

猛暑の反動が原因といわれていますが、太平洋高気圧が弱まって日本の南に下がり、その縁をそうように台風周辺の湿った空気が流れ込んでいます。

このことからも、暑さだけでなくゲリラ豪雨のような局地的な大雨が増えています。今後も、台風や秋雨前線の南下が重なり大荒れになると予想されています。

そもそも、江戸時代から埋め立てを進めて湿地が広がる東京では、地形上水害に対しての弱さが目立ちます。豪雨の際、都内の雨水は下水管を通じて排水されますが、対応能力は1時間に50ミリといわれています。

最近では1時間に100ミリを超える降水量もよくみられるため、排水能力が追いつかない可能性もあります。

そこで今回は、東京 天気についてお伝えします。それでは一つひとつみていきましょう。

東京アメッシュについて

《東京アメッシュ》
http://tokyo-ame.jwa.or.jp/index.html

(推奨環境)
・Internet Explorer 10~11、Chrome最新版の利用をオススメします。

東京アメッシュは、都心部に集中的にレーダーを設置することによって、緻密な雨雲が把握できるようになっています。
また、雨の観測状況は5分毎に更新されるため、手軽に最新の状況を確認することができます。

ただし、電波が届きにくい山間部や、都心から遠いところでは観測精度が落ちてしまうため注意が必要です。

東京アメッシュでは、スマートフォン版のサイトも用意されているため出先での確認はこちらがオススメです。

《東京アメッシュ:スマートフォン版サイト》
https://tokyo-ame2.jwa.or.jp/

(推奨環境)
・iOS:iOS最新版、Safari最新版(ブラウザ)
・Android:Android最新版、Chrome最新版(ブラウザ)

東京アメッシュログ

東京アメッシュの過去をさかのぼって閲覧できるスマートフォン用アプリです。
iOS、Androidどちらのデバイスでも利用することができます。

(利用方法)
①アプリをダウンロード後に起動すると、最新の情報をロードします。
②画面下のトグルを操作することで、特定の日時を設定できます。
③再生ボタンをタップすることで、降水状況を確認できます。

東京都下水道局が提供する「東京アメッシュ」は、リアルタイムでの降水情報を確認できるWEBサービスです。
とくに、都心部に拠点をおいているため、東京周辺の降水情報に強くリアルタイムでの情報が特徴です。

同じようなものに気象庁の雨雲レーダーがありますが、こちらは日本全国の降水情報を網羅しています。

また、もう一つの大きな違いとして、気象庁の雨雲レーダーは6時間先の情報を1時間毎に確認できますが、東京アメッシュでは2時間前から現在の状況を確認して今後の予測を立てる形になります。

しかし、東京アメッシュの一番の強みは5分毎の情報をリアルタイムで確認できることにあります。
そのため、東京近郊であれば精度の高い降水情報をリアルタイムで知ることができます。

このことからも、お互いの特徴をいかして出かける場所によって使い分けることがオススメです。

東京都の最新の天気情報について

東京都の最新の天気情報については、下記のサイトから確認することができます。

《日本気象協会 tenki.jp》
https://tenki.jp/forecast/3/16/

《気象庁》
https://www.jma.go.jp/jp/yoho/319.html

《ウェザーニュース》
https://weathernews.jp/s/forecast/?area=TOKYO

《Yahoo!天気・災害》
https://weather.yahoo.co.jp/weather/13/4410.html

《goo天気》
https://weather.goo.ne.jp/weather/division-1/130010/

ここまで、WEBサイトで確認できる東京都の天気情報を紹介してきましたが、最近ではスマートフォン用の天気予報アプリでも精度が高いものが多くあります。
また、気象情報の提供元が日本の気象機関であれば、基本的にはどのアプリでも信頼性は同じです。

使いやすさという点からも、いろんなアプリをダウンロードして自分に合うものをみつけてみてください。

そのなかでも「ウェザーニュースタッチ」は、翌日の天気予測の高い精度を誇り信頼がおけるアプリの一つです。
ただし、週間天気予報ではどうしても精度が落ちてしまい、梅雨の時期などではさらに精度が落ちてしまいます。

この点は、その他のアプリでも共通するところですが、「ウェザーニュースタッチ」はそのなかでも高い精度から信頼性があります。

ウェザーニュースタッチの主な特徴

①その日の天気を含めて、多くの情報を同時にチェックできます。
②1時間毎、3時間毎の天気も確認できますが、有料会員になることで「Super Zoom」機能を利用できて10分毎の天気を確認することができます。
③天気情報の画面をスライドすることで、翌日の時間ごとの天気を表示できます。
④「減災ch」では、ユーザー投稿による最新の災害情報を知ることができます。
⑤通知サービスを利用することで、現在地から周囲5kmまでの災害情報を知ることができます。
⑥メニューに並ぶ「ch」を選択することで、ユーザー投稿による天気リポートなどいま知りたい情報を表示できます。

このように、「ウェザーニュースタッチ」は、1時間毎や3時間毎に加えて10分毎の天気も確認できるため、ツーリングやアウトドア、旅行などさまざまなシチュエーションで天候の予測に役立ちます。

東京都の週間天気予報について

《気象庁:週間天気予報》
https://www.jma.go.jp/jp/week/319.html

《日本気象協会tenki.jp:東京都の10日間天気》
https://tenki.jp/week/3/16/

《Yahoo!天気・災害:東京の週間天気》
https://weather.yahoo.co.jp/weather/13/4410.html

《ウェザーニュース:週間天気》
https://weathernews.jp/s/forecast/?area=TOKYO

最近では、東京都心でも観測史上初の40度超えを記録して年々暑さが増しています。
また、局地的なゲリラ豪雨もみられるため、大気の不安定な状態が続いています。

とくに東京などの都心部ではヒートアイランドの影響での気温の上昇や、アスファルトからの照り返し、エアコンの室外機からの熱風など温度上昇につながる要因が多数あります。

さらに、ゲリラ豪雨での落雷から停電も相次いでいるため、週間天気予報に加えてアプリなどを利用してリアルタイムな天気の情報を知ることが大切です。

スポンサーリンク

東京都心のリアルタイムな天気情報について

《日本気象協会tenki.jp:東京都心の実況天気》
http://www.tenki.jp/live/3/16/47662.html

《日本気象協会tenki.jp:東京都の雨雲の動き》
https://tenki.jp/radar/3/16/

《日本気象協会tenki.jp:東京都のアメダス実況》
https://tenki.jp/amedas/3/16/

リアルタイムな天気情報を知ることができるスマートフォン用のアプリは多数存在しますが、なかでも細かな情報がチェックできる「tenki.jp」はおすすめのアプリです。

たとえば、メニューより最寄りのアメダスを選択することで、雨雲レーダーで最新の雨雲の動きを確認できます。

その他、250mの高解像度ナウキャスト、3日目までの1時間毎の天気に加えて、気温、風向風速、日照時間、降水量の観測情報など10分単位で更新されます。
また、日直予報士では最新の天気についての解説、地点を設定することで「気象庁概況」も確認できます。

さらに、気象衛星画像と雨雲レーダーを重ね合わせた画像を確認できることから、精度の高い情報を提供してくれます。

「tenki.jp」は、リアルタイムな情報に加えて、天気と生活、季節に関わる情報を提供してくれるオススメのアプリです。

スポンサーリンク

東京都心の雨雲レーダーについて

《Yahoo!天気・災害:雨雲レーダー》
https://weather.yahoo.co.jp/weather/zoomradar/?lat=35.35141068969144&lon=139.49412067031264&z=10

《気象庁:レーダー・ナウキャスト》
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

《東京アメッシュ》
http://tokyo-ame.jwa.or.jp/

上記のWEBサイトで雨雲の状況を確認することができますが、スマートフォン用アプリの「Yahoo!天気」を利用することで、雨雲の動きをひと目で把握することができます。

Yahoo!天気の主な特徴

①今日や明日の天気に加えて、雨雲が近づくとすばやく通知で知らせてくれます。
②雨雲レーダーを利用することで、5分毎の雨雲の動きを予測することができます。
③気温、気圧、湿度をリアルタイムで表示してくれます。
④ウィジェットを利用することで、アプリを起動しなくても天気を確認できます。
⑤雨雲レーダーを利用することで、6時間先までの雨雲の動きがわかります。
⑥発生、接近、消滅といった進路予想に加えて台風の詳しい情報を知らせてくれます。
⑦洗濯、UV、熱中症など生活にそった情報も同時に表示してくれます。

このように、「Yahoo!天気」を利用することで、スマートフォンから雨雲の動きがチェックできて、雨雲の接近も通知で知らせてくれます。

6時間先までの雨雲の動きがわかるので、旅行やアウトドアなど出先での天候の変化をいち早く知ることができます。

スポンサーリンク

いかがだったでしょうか?
今回、東京 天気についてお話しました。

東京都心の最新の天気情報を知るには、「Yahoo!天気・災害」、「tenki.jp」、「ウェザーニュース」など複数の天気予報のサイトを確認することをオススメします。

それぞれに特徴があり、雨雲レーダーでの雨雲の動きだけではなく、生活に密着した情報を提供してくれてます。
また、スマートフォンのアプリを利用することで、旅行やアウトドア、ツーリングなどでもリアルタイムな天気情報を確認することができて、通知により雨雲の接近を知らせてくれます。

大気が不安定な状況から、局地的な豪雨も多いためWEBサイトの天気情報とアプリでのリアルタイムな情報を併用することが大切です。

なかでも、「東京アメッシュ」は都心部に特化した情報を提供してくれるので、オススメのサイトのひとつになります。

東京 天気について知りたい方は、今回の記事を参考にしてみてください。