天気予報

天気予報とは、ある地域で天気がどう変化するか予測し、知らせることをいいます。

明日は晴れるかな?とか、出かける予定の日の天気はどうか、「今日はいいお天気ですね」など挨拶でも天気に関する話題は日頃からしていると思います。

また、最近は突然のゲリラ豪雨や猛暑など異常気象といわれることが多くなり天気予報を気にされる方も多くなっているのではないでしょうか。

そこで、今回は天気予報についてまとめてみました。

天気予報とは、過去の天気や各地の現況の天気・気圧・風向・風速・気温・湿度など大気の状態に関する情報を収集し、これをもとに、特定の地域あるいは広範囲な領域に対し、当日から数日後までの天気・風・気温などの大気の状態と、それに関連する水域や地面の状態を予測し伝えるための科学技術です。

日本では気象業務法により、気象に関する観測・情報収集から発表まで、および研究、それらに付帯する業務を「気象業務」と定めており、気象庁が中心となって執り行っていますが、気象庁だけではなく気象庁長官の許可を受けた官民の予報業務許可事業者も独自の予報を提供しているので様々な媒体を通じて天気予報の情報を知ることができています。

天気予報では、天気天候と密接にかかわる他の情報が合わせて伝えられますが、梅雨入り・梅雨明け・初雪・桜開花・紫外線情報・花粉情報などがあります。これらは季節や地域によって様々な特色があり、鍋物指数・流氷情報といったものがあるのでそれぞれお住いの地域特有のものを調べてみるのも面白いと思います。

天気予報 雲の動き

雲の動きで、天気の変化を予測します。日本気象会では、気象レーダーによる雨雲の様子を、3時間前から現在まで10分単位で確認できます。全国と各地それぞれの実況と予報を知ることができます。
https://tenki.jp/radar/

アプリのYahoo!天気では、市町村ごとの天気予報に対応していて、今日明日の天気に加えて、雨雲の接近を無料で通知してくれる便利機能がついているので急な天気の変化もいち早く知ることができます。

 

天気予報 湿度

天気予報で普段、温度は気にしても意外と見落としがちな湿度ですが梅雨時期や夏場の蒸し暑さはこの湿度が体感に大きく影響します。不快指数で表されますね。

ただ、気象庁では湿度は場所による偏りが大きく、例えば同じ地点でも家の中と外では異なり、草地や池の存在、風向きなどの周囲の状況によっても変わるため、湿度の予報値があっても利用は難しいと考えています。そのため、湿度の低い状態が続くと予想される場合には乾燥注意報を発表しますが、湿度の予報はしていません。

湿度も知りたいという方は、yahoo japanの天気予報サイトの中のピンポイント予報で、今日と明日の湿度予想が表示されています。(例:東京都千代田区の場合)
https://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/13/4410/13101.html

天気予報 一ヶ月

ちょっと先のお天気を知りたいという方は気象庁のHPで1か月先の予報を見ることができます。

この予報は、1か月予報は毎週木曜日14時30分から地方毎に順次更新されます。
https://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/longfcst/1month/

お知りになりたい地域を指定すると、詳細が表示されますのでご参考にしてください。

 

天気予報 日本気象協会

日本気象協会の正式名称は一般財団法人日本気象協会( Japan Weather Association :JWA)といい、気象業務を行う一般財団法人です。

1950年に運輸省(現・国土交通省)所管の「財団法人気象協会」として設立され、国の公益法人制度改革に伴い2009年に一般財団法人に移行しました。それに伴い、名称も「財団法人日本気象協会」から「一般財団法人日本気象協会」へと変更した。

1993年の気象業務法改正により一般向け予報業務の許可が容易に取得できるようになるまでは、テレビ・ラジオ等への気象情報及び解説の提供は日本気象協会がほぼ独占的に行っていました。日本気象協会は気象業務法の許可を得た予報事業者であります。

NHK 天気予報 アプリ

最近は、各地で豪雨や地震などによる災害が発生しています。

このようなときに頼れる情報源のひとつ、NHKでは「NHKニュース・防災」というアプリを提供しています。ブラウザーでNHKのサイトにアクセスするよりも使いやすく、NHKのTwitterアカウントよりもコンパクトにまとまった情報を利用できます。ぜひ、インストールしておきましょう。
https://www3.nhk.or.jp/news/news_bousai_app/index.html

いかがでしたでしょうか。

いろんな情報源がありますが、ご利用に合わせてご活用いただければと思います。

について知りたい方は、今回の記事を参考にしてみてください。