セブンイレブン おでん 買い方

冬が近くなるとレジ付近に並び出すセブンイレブンのおでん。買いたいけれど買い方がいまいち分からない方も多いのではないでしょうか。

基本的には食中毒防止のために手指の消毒を行った店員さんに取ってもらうのがほとんどだそうですが、オーナーの方針で店舗により店員さんに取ってもらうタイプと、セルフで取るタイプの2種類があるようです。

その見分け方としては、トングの置かれている位置にあるそう。

トングが店員さんの側に置かれている店舗ではレジに並び、店員さんに口頭で欲しい具材を言って入れてもらいます。一方トングがこちら側に置かれていれば自由に取って良いようになっているそうです。

また、おでんの置かれている位置がどうしても店員さんからは取れない位置にあったりだとか、そんな点からも見分けることは可能だそうですよ。

セブンイレブン おでんパック

セブンイレブンにはレジ前のおでんに加えてパック詰めされている惣菜、「8種類のおでんパック」というものがあります。

具材は厚切り大根、玉子、さつま揚げ、きんぴらの三角揚げ、焼きちくわ、こんにゃく、昆布、鶏ごぼう入りつみれの8種類も入ってなんと税込213円。

レジ前のおでんに比べかなり安いにもかかわらず大根は柔らかく味が染みており、スープも関西風で濃くて美味しいです。

味や値段の高評価はもちろん、要冷蔵ではないため保存食にもできることや、低カロリーなのにボリュームがあり腹持ちがいいためダイエット食にも適することで人気を集めています。

レジ前でおでんを注文するのが気がひける方でもこれならパッと買えますね。

 

セブンイレブン おでん メニュー・種類

セブンイレブンのおでんは全約70種類とかなりのラインナップです。

その中でもメインは玉子、大根、焼きちくわ、ウインナー巻き、こんにゃく、厚揚げ、白滝、鶏つくね串の8種類。

そして置いてある具材は全国の店舗によってそれぞれ違っており、例えば野菜さつま串は茨城や中京、近畿以西の店舗にしかなかったり、天ぷらは四国にしかなかったり、九州には餃子巻きといったものがあったり、地域によってそこでしか置かれていない具材もたくさん存在しています。

そしておでんには珍しいだし巻き玉子だったりスパイシーソーセージなんてメニューもあって選ぶのが楽しくなってしまうようなラインナップですね。

セブンイレブン おでんセール

セブンイレブンでは定期的におでんセールをしています。

過去にあったのは10%オフや70円均一セールなどです。

おでんの値段は安いものでは80円代ほどですが、高いものだと一つ130円を超えたりするのでセールの時にはいつもはあまり買わないような少しお高めの具材を買うのも良いかもしれませんね。

セール期間は毎年3日?7日程度で、日数としてはかなり短めとなっています。

毎年冬が近くなると行われているようなので要チェックが必要です。

ちなみに昔やっていた70円セールは最近はあまり行われていないようであまり期待はできないそう。

 

セブンイレブン おでん カロリー

セブンイレブンのおでんはカロリーや糖質が低い上に栄養がある食材を摂れるため、ダイエット食としても人気があります。

それに玉子や練り物はボリュームがありお腹いっぱいにもなれますしね。

また、気になるおでんのつゆに関しても、100mlあたり20キロカロリーほどと低カロリーになっています。

またセブンイレブンのおでんのつゆは特に、捕獲したカツオをそのまま乾燥させて作った鰹節をふんだんに使って出汁を取っているそうなので出汁の味がかなり効いています。

具材を食べてつゆを全部飲んでも低カロリーなので、ダイエット中の方でも気兼ねなく食べることができますよ。

公式メルマガの登録はこちら

SHIRITAIのお役立ち情報メルマガでは、ブログではお伝えできないお役立ちの最新情報をお届けしています。よろしければメルマガへも登録してみてください^^

メルマガの登録はこちら