スクリーン ショット

MacやWindowsのスクリーンショットは便利な機能のひとつです。

たとえば、パソコンの画面に表示されている画面を保存することで、トラブルの際の原因究明にも役立ちます。
また、保存したイメージを画像編集ソフトなどを利用して加工することもできます。

その他、「Microsoft Edge」を利用することで、WEBページの縦長のスクリーンショットをとることもできます。

MacやWindowsの基本機能のひとつなので、覚えておくことをオススメします。

そこで今回は、スクリーン ショットについてお伝えします。

それでは一つひとつみていきましょう。

Windowsでスクリーンショットをとる方法

最初に、Windowsでスクリーンショットをとるにはいくつかの方法があります。

ここでは、それぞれの方法について詳しく紹介します。

①キーボードの「Print Screen]キーを押します。
キーボード上の「Print Screen」キーを押すことで、簡単にスクリーンショットをとることができます。
「Print Screen」キーは、通常キーボードの右上にありますが、「Prnt Scrn」、「Prt Sc」、「Prt Scn」など略されている場合があります。また、キーボードによっては、「fn」と組み合わせる場合や他のキーボードと共有されている場合があります。ただし、この方法ではあくまでもイメージがクリップボードに保管されている状態です。そのため、Windowsの画像編集ソフトを利用して保存する必要があります。

②「Windows」キーと「Print Screen」キーを同時に押します。
「Print Screen」キーに「Windows」キーを付け加えることで、先程と違いピクチャフォルダ内のスクリーンショットフォルダに保存することができます。
ただし、この方法では画面全体のスクリーンショットしかとることができません。

③「Alt」キーと「Print Screen」キーを同時に押します。
「Print Screen」キーに「Alt」キーを付け加えることで、画面全体ではなく開いているウィンドウ単位でスクリーンショットをとることができます。
ただし、こちらの方法でも画像編集ソフトを利用して保存する必要があります。

クリップボードに保管されているイメージを保存する方法

①Windowsのペイントソフトなどを開きます。
②ペイントソフトが起動したら、「Ctrl」と「V」を押してクリップボードに保管してあるイメージを貼り付けます。
③「Ctrl」と「S」を押します。
④「名前をつけて保存」のダイアログが開くので、任意の名前をつけて保存します。

このように、キーを組み合わせ方でWindowsのスクリーンショットのとりかたは異なります。

画面全体のスクリーンショットや選択したウィンドウ、一部だけの保存など用途に合わしたイメージの保存方法を選択してください。

スポンサーリンク

Macでスクリーン ショットをとる方法

Macでスクリーンショットをとるにはいくつかの方法があります。

それぞれのキーを組み合わせることで、異なったスクリーンショットをとることができます。

①画面全体のスクリーンショットをとる方法
「Shift+Command+3」

このキーボードのショートカットでは、表示されている画面全体のスクリーンショットをとることができます。

②特定の範囲のスクリーンショットをとる方法
「Shift+Command+4」

このキーボードのショートカットでは、一部のエリアなど特定の範囲のスクリーンショットをとることができます。

③特定のウィンドウのスクリーンショットをとる方法
「Shift+Command+4+Space」

特定のウィンドウのスクリーンショットをとる際のショートカットですが、「Shift+Command+4」を押した状態でスクリーンショットをとりたいウィンドウの上までカーソルを移動させます。その後、「Space」キーを押す流れになります。

④特定のウィンドウのスクリーンショットを影なしでとる方法
「Shift+Command+4+Space+Option」

通常、特定のウィンドウのスクリーンショットをとるショートカットでは、ウィンドウの周りに影がついた状態で保存されます。影をつけないでスクリーンショットをとりたい方は、こちらのショートカットがオススメです。

⑤スクリーンショットをクリップボードに保存する方法
基本の設定では、スクリーンショットがデスクトップに保存される仕組みになっています。

ここでは、デスクトップに保存せず、クリップボードに一時的に保管するショートカットを紹介します。

これまで紹介してきたショートカットに「Control」を追加するだけでクリップボードに保管してくれます。

・「Shift+Command+3+Control」:全画面のスクリーンショット

・「Shift+Command+4+Control」:特定の範囲のスクリーンショット

・「Shift+Command+4+Space+Control」:特定のウィンドウのスクリーンショット

・「Shift+Command+4+Option+Control」:影をつけない特定のウィンドウのスクリーンショット

このように、ショートカットを利用することで、それぞれのスクリーンショットを保存できます。
影なしのスクリーンショットは、用途の幅が広いのでオススメの保存方法です。

スポンサーリンク

プリントスクリーンとは

そもそも、プリントスクリーンとはキーボード上のキーのひとつです。

Windowsでは、スクリーンショットをとるときに使用するキーで、クリップボードにイメージを保管できます。

たとえば、スクリーンショットのとり方を覚えておくと、ネットショッピングのとき便利に利用できます。
ショッピングコードや予約番号など書き留める必要がなく、書き間違いを防ぐこともできます。

MacとWindowsではスクリーンショットのとり方がことなりますが、ショートカットを覚えておくことでサクッと画面を保存できます。

以前は、プリントスクリーンを押すことで印刷できましたが、現在ではクリップボードにコピーして文書などに貼り付ける用途として使われています。

MacやWindowsでは基本機能のひとつなので、覚えておくことをオススメします。

 

MacやWindowsのスクリーン ショットの保存先について

最初に、Windowsのスクリーンショットの保存先は、デフォルトでは「ピクチャ」フォルダ内の「スクリーンショット」になっています。

保存先を変更したい場合は、下記の手順ですすめることで簡単に変更することができます。

スクリーンショットの保存先を変更する方法 (Windows編)

①デフォルトの保存先の「スクリーンショット」フォルダを右クリックします。
②メニューから「プロパティ」をクリックします。
③「スクリーンショットのプロパティ」が開くので、「場所」のタブをクリックします。
④「移動」をクリックします。
⑤「保存先の選択」の画面が表示されるので、保存先のフォルダを選択して「フォルダを選択」をクリックします。
⑥これで、任意のフォルダにスクリーンショットを保存できます。

次に、Macのスクリーンショットの保存先は、デフォルトではデスクトップになっています。
しかし、スクリーンショットの保存先は簡単に変更することができます。

保存先に別のフォルダを指定することで、デスクトップが散らかることを防ぐことにもつながります。

スクリーンショットの保存先を変更する方法 (Mac編)

①「ターミナル」を起動します。
②「指定したい保存先」のファイルパスを指定した上でコマンドを入力して実行します。
③「defaults write com.apple.screencapture location 指定したい保存先」
④実行する前の確認として、「location」のあとに半角スペースを必ず入れてください。
⑤「指定したい保存先」の部分には、スクリーンショットを保存したいフォルダをドラッグ・アンド・ドロップすることで簡単に指定できます。
⑥「return」キーを押してコマンドを実行します。
⑦実行後に変更を反映するために下記のコマンドを実行します。
⑧「killall SystemUIServer」
⑨「return」キーを押してコマンドを実行します。

また、スクリーンショットの保存先をデスクトップに戻したい場合は、再びターミナルからコマンドを実行します。

スクリーンショットの保存先をデスクトップに戻す方法

①「ターミナル」を起動して、コマンドを入力します。
②「defaults delete com.apple.screencapture location」
③「return」キーを押してコマンドを実行します。
④「killall SystemUIServer」
⑤「return」キーを押してコマンドを実行します。

ターミナルから上記のコマンドを実行することで、デフォルトの保存先に戻すことができます。

このように、MacとWindowsでは保存先の変更方法が異なります。

Macではターミナルを使用して変更するため、なれていない方には難しいかもしれませんが、コマンドをコピーすることで入力間違いを防ぐことができます。
メモ帳などに保存して利用されることをオススメします。

スポンサーリンク

iOSやAndroidのタブレットでスクリーン ショットをとる方法

ここでは、それぞれのタブレットでのスクリーンショットのとり方を紹介します。

Androidのタブレットでスクリーンショットをとる方法

(Androidのタブレットの場合)
①保存したい画面を表示します。
②「電源」ボタンと音量ボタンの「小」を同時に押します。
③スクリーンショットがとれると、画面がフラッシュします。
④機種によっては、「電源ボタン」を長押しすることでスクリーンショットのメニューが表示できます。

iPadでスクリーンショットをとる方法

①保存したい画面を表示します。
②「電源ボタン」を押しながら「ホームボタン」を押します。
③スクリーンショットがとれると、カシャっと撮影音がします。

ちなみに、ホームボタンが廃止になった「iPhone X」では、「サイドボタン」を押しながら音量ボタン「大」を押すことでスクリーンショットがとれます。

スクリーンショットは基本機能のひとつで、閲覧しているページの保存やメッセージをメモとして保存など、あとで見返すときにも便利に利用できます。

スクリーンショットをとる機会はなにかと多いので、この記事を参考にして便利に活用してみましょう。

スポンサーリンク

いかがだったでしょうか?
今回、スクリーン ショットについてお話しました。

スクリーンショットは、MacやWindows、タブレット、スマートフォンといったデバイスでは基本の機能です。
ちょっとしたメモ代わりや予約番号の保存など、簡単な操作で画面が保存できます。

デバイスによってはショートカットなど操作方法がことなりますが、覚えておくことで幅広い用途に利用できます。

クリップボードに保存することで、加工したり文書に挿入することもできるので、この記事を参考にしてぜひ活用してみてください。

オススメの基本機能のひとつです。

スクリーン ショットについて知りたい方は、今回の記事を参考にしてみてください。