三陸自動車道 工事

現在の工事規制状況としては、3ヶ所で行われています。

平成30年9月から12月下旬まで上り線・鳴瀬奥松島ICから松島北IC間で終日、路肩法面防草対策工事に伴う車線規制が行われています。

上り線・松島海岸ICから松島大郷IC間では平成30年9月から12月上旬まで終日、橋梁修繕工事に伴う車線規制がされています。

事故に繋がらないようにする為、道路標識版の確認をお願いします。

夜間に三陸自動車道をご利用の場合は、松島北ICから鳴瀬奥松島IC感が平成30年9月18日から10月13日の21時から翌朝6時までで、舗装修繕工事による上下線通行止めになっています。

こうしたお知らせ情報は以下のURLから随時確認することが出来るので、ご利用の際はご活用ください。
http://www.miyagi-dourokousha.or.jp

その他、割引情報やイベント開催情報が掲載されています。

三陸自動車道 開通

2018年10月現在、三陸自動車道での道路開通予定はありません。

2018年になってからでは、3月に田老真崎海岸ICから田老北IC間が開通されました。

3月下旬には大谷海岸ICから気仙沼中央IC間、7月に陸前高田長部ICから陸前高田IC間、8月には吉浜ICから釜石南IC間がそれぞれ開通されました。

三陸自動車道 無料

三陸自動車道お無料区間は鳴瀬奥松島ICから志津川及び、その先の開通されている区間全てが無料となっています。

鳴瀬奥松島ICに本線料金所があるので、無料区間から来た場合はそこでETCゲートを通るか通行券を取ります。

有料区間から来た場合は、ここで精算をして無料区間に入ることになります。

無料区間ということで一般道と間違える方もいるようなので、気をつけるようにしましょう。

三陸自動車道 路線図

三陸自動車道は宮城県仙台市から岩手県宮古市に至る高速道路です。

延長224kmで、略称として「三陸道」とも呼ばれています。

以下のURLでは、高速道路の案内図を確認することが出来ます。http://www.jaf.or.jp/member/dguide/exway/dm_highway/html5m.html♯page=2

この「JAFナビ」では、ドライブお役立ち情報やJAF会員優待情報なども掲載されています。

東北自動車道、そして三陸自動車道の路線図をわかりやすく表示しているのがコチラです。
http://www.ryoko.info/rosen/kosoku/data/tohoku.html

是非ドライブ計画をたてる際にお役立てください。

三陸自動車道 sa

三陸自動車道で唯一商業施設の入ったPA・SAが、春日PAです。利府中ICから松島海岸IC間に位置していて、むすび丸春日PAと呼ばれ親しまれています。

これまで東北自動車道および常滑自動車道・仙台東部道路から石巻方面へ通行する場合には、60kmから70kmの区間は休憩施設のない空白地帯とされていました。

本来なら高速道路では15kmおきにPA・50kmおきにSAを設けるというガイドラインがあります。しかし、この区間は道路管理者や事業形態が複雑で難しい問題となっているようです。

春日PAがオープンしても、宮城県の沿岸部の高速道路では休憩施設の空白地帯あります。春日PAは、宮城県内の高速道路では初めて、コンビニを設置したところです。

ミニストップが入っているので、ソフトクリームやポテトなどの温冷商品も充実しています。また、お土産も豊富に取り揃えているので、ついつい見入ってしまいそうです。

フードコートには和食レストラン「みちのレストラン四六時中」があります。トイレにはパウダールームもありますし、多目的トイレも設置されています。

下り線のPAでは建設工事に先立ち行われた遺跡発掘調査隊により発見された敷地内で出土された出土品の数々を展示してある「文化財展示室」があります。

三陸自動車道をご利用の際には、是非立ち寄ってみてください。