路線バス

路線バスは、通勤や通学の移動手段として大きな役割をもつ公共交通機関の一つです。
また、ちょっとした旅行やレジャーでも利用することが多く、路線図をはじめ気軽に利用しやすいようにさまざまな工夫がされはじめています。

ただし、ちょっとした移動に便利な反面、はじめて訪れた場所ではバス停の場所や乗り継ぎ方法がわからず迷いやすい乗り物の一つでもあります。

最近では、電車での旅でその地域の路線バスを利用してもらえるように、バスに特化した乗り換え案内のサービスがあります。

主要都市のバスターミナルの地図が閲覧できたり、バス停までのルート案内や所要時間、運賃、乗り継ぎ方法など迷わず目的地まで行けるようにあらゆるサポートをしてくれます。

とくに、バスと徒歩を組み合わせた検索サービスは、出発時刻を知らせてくれたり、最適なバスの乗り継ぎルートの提案など、利用者が楽に移動できるようにさまざまな工夫がされています。

そこで今回は、路線バスについてお伝えします。それでは一つひとつみていきましょう。

路線バス 検索

各運行会社の路線バスの検索には、ジョルダンの「路線バス時刻表」と「乗換案内 NEXT」がオススメです。

ジョルダンでは、全国714社の路線バスに対応していて、乗り換え案内や時刻表、運賃、所要時間、そして路線図や停留所周辺の地図が閲覧できます。

◯ジョルダン「路線バス時刻表」
https://www.jorudan.co.jp/bus/rosen/

「路線バス時刻表」の検索ページでは、全国の主要都市714社の各路線バスが表示されています。

各都道府県の路線バスを選択すると、主な停留所一覧が表示されて「平日・土日祝」別に時刻表を閲覧できます。
また、メニューからは「高速バス・空港連絡バス・深夜急行バス」が選択できて、エリアや主要都市、主要駅、各高速バス停、各空港別など、目的別に検索しやすいように工夫されています。

はじめての方でも、直感的に操作できることが「ジョルダン」が支持されている理由の一つです。

◯ジョルダン「乗換案内 NEXT」
https://mb.jorudan.co.jp/os/bus/

「乗換案内 NEXT」の路線バス情報では、地図から目的地を選択して周辺のバス停一覧を検索できます。
また、バス停名や路線名の一部からの検索やバス運行会社からの検索、なかでもコミュニティーバスの検索ができるのも特徴の一つです。

そして、オススメの有料プランとして月額300円から利用できる「乗換案内 PREMIUM」では、機能制限なしですべての機能を活用できます。

◯ジョルダン「乗換案内 PREMIUM」
https://www.jorudan.co.jp/info/news/

たとえば、PC・スマートフォンともにすべての機能が利用できて連携も可能なため、事前に自宅の PC で調べてスマートフォンをみながら目的地までスムーズに行けます。

そのほか、ちょっと寄り道をしたいときに便利な「迂回経路検索」や、土地勘のない場所で便利な「徒歩ルート地図」、ジパング倶楽部の割引運賃に対応した経路検索、
海外での乗換案内、よく利用する「Myポイント・Myルートの登録」がそれぞれ100件まで行えるようになります。

路線バス 時刻表

総合的な乗り換え案内サービスを提供している「ナビタイム」では、路線バスの時刻表も検索できます。

◯ナビタイム「路線バス時刻表」
https://www.navitime.co.jp/bus/

ナビタイムの「路線バス時刻表」は、路線バスをはじめ、高速バス、空港バス、深夜バスの時刻表に対応しています。
なかでも、バス停の地図と主要駅バスターミナルの地図が閲覧できるので、駅に到着後も迷うことなくバス停に行くことができます。

とくに、はじめて訪れる場所では、大きな都市になるほどバス停の場所が分かりにくく不安なことの一つです。

ナビタイムでは、それぞれの地図からバス停までのルートが確認できて、目的地までの移動をしっかりサポートしてくれます。

仕事やちょっとした旅行、家族でのレジャーなど幅広く利用できるのがナビタイムの「路線バス時刻表」です。

路線バス 運賃

路線バスの運賃検索をはじめ、バスと徒歩を組み合わせたルート検索やバス停の位置検索、時刻表、高速バス検索、バス停留所一覧など、バスに特化したアプリが「バス NAVITIME」です。

路線バスは、通勤や通学、旅行など何かと利用する機会の多い公共交通機関です。

「バス NAVITIME」は、バスの情報のみに特化したアプリで、バスを利用する上で便利なさまざまな機能を備えています。

最初に「My時刻表」は、普段利用しているバス路線を設定しておくことで、出発時刻をリアルタイムで表示してくれます。

次に「バス NAVITIME」の魅力的な機能の一つである、バスと徒歩を組み合わせたルート検索機能があります。

目的地を設定することで、バスと徒歩を組み合わせた最適なルートを提案してくれます。

その際、所要時間や運賃、乗り継ぎ方法もひと目で把握できるので、はじめて訪れた場所でも迷うことなくバスを利用できます。

そのほか、「時刻表検索」では複数のバス路線の時刻表をまとめて確認できるので、乗車区間に複数の路線が走っている場合に便利に活用できます。

そして、グループでの旅行や仕事での主張で何かと利用するのが「高速バス」です。

「バス NAVITIME」は、高速バスに特化した検索機能もあり、「高速バスドットコム」や「WILLER EXPRESS」と連携していることから
ルート検索と予約が一つのアプリで完了します。

全国の約1800便と予約連携しているため、路線バスだけではなく高速バスの利用もしっかりサポートしてくれます。

「バス NAVITIME」は、他社にはないバスに特化したアプリのため、ルート検索や乗り継ぎ方法、所要時間、運賃、高速バス、停留所一覧、時刻表など、バスを利用する上で必要な機能がすべて揃っています。

◯バス NAVITIME
http://products.navitime.co.jp/service/bus/

スポンサーリンク

路線バス 領収書

ここでは、路線バスや高速バスを利用した場合の領収書のもらい方を紹介します。

そもそも、移動によく利用する路線バスや高速バスですが、領収書は発行してもらえるのでしょうか?
また、乗客の乗り降りが多いバスでは、領収書をお願いするタイミングも難しいと思います。

最初に、バス会社によって対応はことなりますが、基本的には領収書を発行してもらうことは可能です。

ただし、路線によっては領収書を発行する路線と、後日郵送や営業所の窓口で対応する路線があります。

高速バスの場合は、インターネットでの乗車券の購入が多いと思いますが、その際は画面上で領収書の発行ができます。

もし、窓口で乗車券を購入される場合は、購入時に依頼すれば領収書はもらえます。

領収書は、利用したバス会社が発行するのではなく、乗車券の購入時にお金を支払った会社が発行します。

そのため、高速バスの場合は旅行会社から乗車券を購入した場合はその旅行会社から、運行したバス会社から購入した場合はバス会社からとなります。

路線バス、高速バスともに対応が異なってくるため、事前に確認されることをオススメします。

スポンサーリンク

路線バス 路線図

ナビタイムの「バス路線図検索」では、全国のバス路線をはじめ、地図上で系統別に路線図を表示したり、バス停間の距離や同じバス停を通る別の路線も確認できます。

◯ナビタイム「バス路線図検索」
https://www.navitime.co.jp/bus/route/

「バス路線図検索」のページでは、キーワードから路線や系統の検索や都道府県別の検索、全国の各バス会社から検索できます。

路線図には、路線やバス停のつながりを案内する役割があります。

路線図は用途と目的によって姿を変えていくものですが、最近では2020年の東京オリンピックに向けて「外国人観光客」向けの多言語に対応したものが増えてきています。

それは、各都道府県を走る路線バスの路線図に限らず、鉄道にも当てはまることで観光用としてすべての路線を掲載せず適度に省略して見やすいことを優先しています。

たとえば、普段目にする路線図と大きく異なる点として、利用する外国人観光客がどの部分を必要としているか、ということです。

写真やイラストを掲載して、訪れた場所の見どころをわかりやすく紹介しています。

現在の路線図は、図形と線の組み合わせに加えて、利用する外国人観光客が迷わずルートを選べるように観光客のニーズにあわせた工夫がされています。

スポンサーリンク

いかがだったでしょうか?

今回、路線バスについてお話しました。

最近では、2020年の東京オリンピックに向けて、外国人観光客にもわかりやすい路線図として写真やイラスト、外国語表記を加えたりして日本の見どころをアピールしています。

路線バスは、通勤や通学など普段何気に利用しているものですが、お年寄りや身体が不自由な方にとっては便利に利用できる移動手段の一つです。

地下鉄は若い人には便利な移動手段ですが、お年寄りにはシステムや地理的にわかりにくい部分が多くあり、階段の上がりおりや乗り換えという点でも大変さがあります。

最近の路線バスでは、ノンステップバスも多くなり乗り降りが楽になっていることから、地方ではお年寄りの重要な移動手段となっています。

路線バスは、駅から離れた施設へのアクセスや鉄道路線間の短絡にも使えます。

そして、バス停がきめ細かく設置されていて、お年寄りには目的地がわかりやすかったりより近くまでいけるというメリットがあります。

路線バスについて知りたい方は、今回の記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク