楽天ペイ 手数料

クレジットカードや電子マネーでの決済に対応したアプリの「楽天ペイ」。

利用者は「楽天ペイ」のロゴがある店舗で代金を支払う際、スマートフォン・タブレットに表示されたQRコードを読み取る「QRペイ」、または自分でアプリに打ち込む「セルフペイ」を選んでアプリ一つで手軽に決済できます。

楽天ペイで支払うとクレジットカードだけでなく、楽天のポイントも貯まるので二重でお得と好評です。

楽天ペイは楽天市場などのオンラインショッピングだけでなく、最近では実店舗で導入しているところを見かけるようになりました。

「QRペイ」を利用する場合、スマホかタブレットのみで決済可能なので全国チェーンのような大規模店だけでなく小中規模の店舗でも導入しやすいようです。

また、導入費無料に加え、アプリ決済、VISA・MasterCard・AmericanExpressなどのクレジットカード、楽天Edyなどの主要電子マネーの多くの決済手数料業界最低水準の「3.24%」に設定されているのも魅力となっています。

楽天ペイ コンビニ

大手コンビニのローソン(ナチュラルローソン、ローソン100含む)も楽天ペイでの決済ができます。ただし、通常のQRコード決済ではなく、バーコード決済です。

≪バーコード決済の手順≫
①お店で楽天ペイアプリで支払うことを伝える
②アプリ起動後、コード表示を選択
③表示されたバーコードを提示し、店側に読み取ってもらって支払い完了

1回当たりの支払い金額は楽天会員ランクがシルバー以上なら20,000円、レギュラーの場合は4,000円と上限が設けられています。

楽天ポイントも使うことが可能ですが、切手・はがき・公共料金・バスカードなどの各種乗車券・QUOカードなどの商品券の購入の支払いには使えません。

スポンサーリンク

楽天ペイ キャンペーン

キャンペーンの詳しい内容については、下記URLからご確認ください。

≪楽天ペイキャンペーン、グループサービスキャンペーン≫
楽天ペイキャンペーン、グループサービスキャンペーン

≪楽天ペイ カードリーダー全額キャッシュバック≫
楽天ペイ カードリーダー全額キャッシュバック

楽天ペイでは頻繁にキャンペーンが実施されており、2018年7月現在、実施されているキャンペーンは5つです。

〇「楽天ペイアプリ利用者数No.1記念!全店10%ポイントバックキャンペーン」
期間:2018年4月1日(日)0時~2018年7月31日(火)9時59分
〇「【2018年7月度】ローソンでの初めてのお支払いで200ポイント」
期間:2018年7月2日(月)10時~2018年8月1日(水)
〇「楽天カード会員様限定!ローソンのお支払いがポイント2.5倍!抽選で39,000ポイントのチャンス」
期間:2018年4月1日(日)0時~2018年7月31日(火)9時59分
〇「楽天ペイ・初めてのお支払いで1,000ポイントGET!」
期間:常時開催
〇「楽天ペイにお友達を招待してポイントGET!」
期間:常時開催

また、利用者側だけではなく、楽天ペイを導入した店舗にもキャンペーンが実施されています。

〇楽天ペイ カードリーダー全額キャッシュバック
楽天ペイの導入にはスマートフォンかタブレットがあれば店頭決済が可能です。
専用のカードリーダーは必ずしも必要ではありませんが、クレジットカード・電子マネーカードでの支払いも受け付けていれば消費者側の選択肢が広がり、集客を拡大できる可能性があります。
そこで楽天では、新規申込する加盟店限定でクレジットカード・電子マネーカードに対応した最新のカードリーダーを実質0円(税込)にするというキャンペーンを実施。通常、カードリーダーの購入に18,800円(税込)かかるところ、全額キャッシュバックするという内容です。※キャンペーン適用には条件あり

楽天ペイ 登録・導入

楽天ペイアプリの端末は限られておらず、iPhone(iPad)、Androidのスマートフォン・タブレットのどちらでも利用できます。
登録・導入方法は下記のとおりです。

≪一般ユーザー≫
①楽天ペイの利用には楽天のIDとクレジットカードの情報が必要
②決済に使えるカードは「楽天カード(JCB/VISA/MasterCard)」「VISA」「MasterCard」のみなので、会員情報に上のいずれかを登録しておく ※複数登録は可能
③使用したい端末にアプリをインストール後、楽天IDでログインをしてから決済に使うクレジットカードを選択 ※複数のカードを登録している場合は選択

≪実店舗≫
楽天ペイの導入には、まず「楽天ペイ(実店舗決済)の加盟登録」が必要です。
①申込画面で必要事項を入力のうえ送信
②申込完了のメールが届くので、記載されている提出方法で「本人確認資料」を提出
③Visa・MasterCardの審査開始
④③の審査結果メールの受信
⑤JCB・AmericanExpress・DinersClub・Discoverの審査
⑥「アプリ決済 店舗用アプリ」をダウンロード

〇楽天ペイ(実店舗決済)加盟登録の申込画面
楽天ペイ(実店舗決済)加盟登録の申込画面

楽天ペイ マクドナルド

楽天市場を利用すると、楽天スーパーポイントを獲得できます。
通常のポイントは貯めることが可能ですが、中には“期間限定”のものがあって使うタイミングを逃して失効した経験を持つ人も少なくないでしょう。

楽天ペイでは通常の楽天スーパーポイントを支払いに使うことが出来、さらにマクドナルドでは期間限定のポイントも1円から使えます。

同じくローソンでも期間限定ポイントで支払えるので、数十から数百までの端数になりがちのポイントも無駄なく消費できるのでおすすめです。

スポンサーリンク

楽天 Edy

楽天ペイを導入している実店舗では、楽天Edyなどの電子マネーカードの支払いもできます。2018年7月現在、対応している電子マネーカードは下記のとおりです。

・楽天Edy
・Google Pay
・Suica
・Pasmo
・Kitaca
・TOICA
・manaca
・ICOCA
・SUGOCA
・nimoca
・はやかけん
・nanaco
・QUICPay+
・iD
・Apple Pay

上記は楽天ペイ導入店舗で使用可能できますが、電子マネーカードへのチャージには必ずしも対応しているとは限りません。

2018年中には、WAONへの対応も予定されています。