お盆休み

社会人にとってGWに次に来る大型連休が“お盆休み”。

多くの人がほぼ同じ時期に休暇を取って海や山、または帰省・旅行などをする為、どこへ行っても混み合うハイシーズンです。

お盆休みの“お盆”の正式名称は、中国から伝わった仏教行事の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」。お釈迦様の弟子が地獄へ落ちた母親を救済する為、旧暦の7月15日、多くの僧たちにご馳走を施すことで功徳を積み、無事に母親が往生したという話に由来するものです。日本では農耕儀礼や祖霊信仰が合わさった風習となりました。

盂蘭盆会は古くは奈良時代から宮中の仏事として行われ、庶民に広まったのは江戸時代の頃からと言われています。

日本では先祖の精霊をお迎えして供養するのが一般的ですが、では、この時期に休むようになったのは何故なのでしょうか?

元々“お盆休み”という言葉はなく、商家の奉公人たちが主人から休暇をもらって実家へ帰ってもいい日のことを「藪入り」と言っていました。藪入りは年2回、旧暦の1月16日と7月16日前後、つまりお正月とお盆の時期でこれらの行事に参加するためのもので、遠方から奉公へ来て実家へ帰れないものは1日遊んでも良いとされていたとか。

また、奉公人に限らず結婚し嫁・婿が里帰りをする日でもありました。

産業発展に伴い商業に従事する労働者が増え「藪入り」という言葉は消えたものの「お盆休み」として、お盆の時期になると多くの企業には休暇を取る習慣があるようです。

スポンサーリンク

お盆休み いつ

明治初頭までは旧暦(太陰太陽暦)の7月13日から15日に行われていたお盆。

1873年(明治6)から新暦(太陽暦)が採用された為、お盆や七夕といった伝統行事の日付も影響を受けました。

現在、お盆は大きく3つに分かれており、地方によって時期が異なっています。

①新暦の8月15日前後(全国的)
②新暦の7月15日前後(東京・横浜・東北地方など一部)
③旧暦の7月15日前後(沖縄・奄美地方)

新暦への移行に伴い県によっては旧暦のお盆を廃止する勧告が出されたこと、また新暦の7月15日が農繁期と重なったこともあり、多くの地域では旧暦の日付に近い月遅れの8月15日前後に行う8月盆になったようです。明治政府のお膝元である東京や7月が農繁期ではない東北では日付が変わらない新暦での7月盆。

また、沖縄・奄美ではお正月なども旧暦で祝う風習が数多く残っており、お盆も新暦ではなく旧暦で行う旧盆です。旧暦では7月13日~15日ですが新暦に置き換えると毎年日付がことなり、おおよそ8月下旬から9月上旬に当たります。

では、お盆休みはいつになるのでしょうか?

一般的には8月盆に「お盆休み」を設ける企業・店舗などがほとんど、ただし沖縄では数は少なくなったものの旧盆に休業するところもあるそうです。

お盆休み 2018

2018年のお盆の日程は、それぞれ下記のとおりです。
※すべて新暦の日程。盆入り~盆明け(送り火)

①8月盆:2018年8月13日(月)~16日(木)
②7月盆:2018年7月13日(金)~16日(月)
③旧盆:8月23日(木)~25日(土)

今年も「お盆休みは」多くの企業・店舗が8月盆に合わせて取るでしょう。
平均的なお盆休みの日数は5日間と言われ、2016年から施行された「山の日(8月11日)」と合わせると大型連休になる年もあります。
今年は土曜日なので影響はありませんが、8月13日(月)からの5日間がお盆休みとなれば9日間もの長い連休となる場合もあるようです。

お盆 2018 渋滞

GW、年末年始と並ぶ大型連休のお盆。

2018年のGWは3連休と4連休に分かれてしまったので、お盆休みが今年もっとも長い連休となる人も多いでしょう。

お盆は大勢が一斉に帰省したり観光地に出かけるので至るところに人が溢れ大混雑しますが、特にニュースとなるのが高速道路の渋滞です。

基本的には、連休のはじめは都市部から地方へ向けて「帰省ラッシュ」、連休の終わりには逆向きに「Uターンラッシュ」と呼ばれる渋滞が発生します。

2018年のお盆休みは8月11日(土)から16日(木)、もしくは19日(日)までの2パターンが多いと考えられる為、「帰省ラッシュ」は8月11日(土)に集中すると予想されます。

道路にもよるものの主要高速道路では終日渋滞が予想され、朝7時頃には渋滞が始まり午前中から昼過ぎにかけてピークを迎えるでしょう。

「Uターンラッシュ」は大抵、連休最終日ではなくその前日に発生します。
8月15日(水)と18日(土)の昼過ぎから夕方にかけて渋滞のピークを迎えると予想されるので、なるべく渋滞につかまらないためには午前中または夜から出発した方がいいでしょう。

スポンサーリンク

お盆 天気 2018

一年でもっとも暑い季節と言われるのが8月初旬から中旬の頃まで。
お盆を過ぎると日中は暑いものの夜は過ごしやすい日も出てきます。

では、2018年のお盆の頃の天気はどうなるのでしょう?

気象庁が6月25日に発表した長期予報(3ヶ月)によれば、全国的には平均気温が高くなる確率が50%、降水確率は東日本の太平洋側では多い確率が40%、沖縄・奄美は少ない確率が40%、それ以外の地域では平年並みの確率が40%です。
晴天は東日本と西日本、沖縄・奄美は平年並みと予想されています。

参考:気象庁ホームページ内、「3ヶ月予報」
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/longfcst/3month/

上記はあくまでも予報です。
詳しい天気予報は10日前から発表されるので、天気予報サイトなどでご確認ください。