日本科学未来館 アクセス

日本科学未来館は、実験教室や化学教室、トークイベントなどが開催され、いま身の回りで起きている出来事の科学的探究から生命の不思議に関してなど様々な視点からの科学技術を体験できる施設です。

科学館というと楽しくない、つまらない・難しいというようなイメージもあるかもしれませんが、日本科学未来館は最先端の科学技術が体感でき、とても楽しめる科学館です。

科学コミューターというスタッフがおり、難しい科学の話も一般の人にもわかるように教えてくれます。子供が理科嫌いで困っているお母さん、夏休みの自由研究が思いつかない小学生などは一度行ってみるといいかもしれません。

つまらないと思っていた科学の世界に興味が持てるきっかけになるかもしれません。

日本科学未来館へのアクセス方法:https://www.miraikan.jst.go.jp/guide/route/

日本科学未来館 駐車場

おでかけを車でする場合は今から向かう施設に駐車場があるかどうかや駐車場の場所、料金などは気になるところですよね。

日本科学未来館には駐車場はあり、収容台数は175台となっています。一見多いようですが土日祝日などの混雑時にはすぐいっぱいになってしまいそうですよね。

実際に土日祝日や企画展の会期末などにはすぐに満車になってしまうとの注意書きもあります。

日本科学未来館の駐車場の利用時間・料金の案内:http://www.miraikan.jst.go.jp/info/1703211721203.html

日本科学未来館 ランチ

日本科学未来館のカフェにはただのカフェではなくここでも科学を楽しむことができるう風がしてあります。

館内5階にはミライカンカフェというカフェがあり、科学を楽しむことができる、日本科学未来館ならではのメニューもあります。

惑星を表現した「惑星カレー」などに始まり、ミドリムシの粉末を使用したデニッシュソフトなどがあります。

ミドリムシに関しては最近テレビなどでも紹介され話題ですので興味が持てますよね。カフェのメニューにまで科学を意識してあるなんて嬉しいですよね。

日本科学未来館のレストラン・カフェの案内:https://www.miraikan.jst.go.jp/guide/shopcafe/tenant.html

日本科学未来館 プラネタリウム

日本科学未来館でのドームシアターガイアでは超高精細立体視映像システム「Atmos」やプhラネタリウム投影機「MEGASTAR-II cosmos」などで、とても臨場感のあるプラネタリウムを体験することができます。

水族館などでイルカショーの時間が決まっているように、日本科学未来館も館内イベントの開催時間は決まっています。

目的のイベントがあったのに到着したらすでにイベントは終わっていた・・となると悲しいですよね。まずはイベントのスケジュールをきちんとチェックして出かけることをおすすめします。

日本科学未来館のプラネタリウムの上映プログラムとスケジュール:https://www.miraikan.jst.go.jp/dometheater/

日本科学未来館 混雑

レジャー施設や娯楽施設に行く際に気になるのは混雑状況ですよね。

たまたま休みが取れて平日など比較的すいている日程で行ける場合はそこまで気にしなくてよいとは思いますが、やはり子供と行く機会が多いという点で学校が休みの土日祝日に行く機会が多くなり、土日祝日だと混雑している可能性が高いですよね。

また、このイベントに参加したい!と思うようなイベントは他の人も行きたいと思うもので人気のイベントがある際やそのイベントが今日までというタイミングは混雑するものですよね。

日本科学未来館では混雑が予想される日程では整理券やチケットを配布しているので、混雑時に行く場合は配布場所などしっかり調べてから向かいましょう。

日本科学未来館の混雑時の入場整理券の案内:http://www.miraikan.jst.go.jp/info/1809211623329.html

日本科学未来館 チケット

動物園や水族館などのレジャー施設は入館料が少し高いイメージがありますよね。

しかし日本科学未来館の入館料はリーズナブルな料金となっています。大人620円、18歳以下は210円となっています。

年間パスポートは大人が1230円、18歳以下は400円となっていますので年に2回以上行く方は年間パスポートを購入したほうがよさそうですね。

日本科学未来館の入館料:https://www.miraikan.jst.go.jp/guide/
 
いかがだったでしょうか。日本科学未来館にはたくさんの魅力がありますよね。
お休みの日に是非行ってみてください。