那覇空港 時刻表

那覇空港は沖縄本島の南方、那覇市に位置する空港です。

沖縄県に来る人はもちろんのこと、沖縄県から本土に旅立つ人たちも毎日のように利用しています。

フライトしているエリアは多岐にわたっており、北は北海道の新千歳空港までの便があり、同じ沖縄県の石垣や宮古、久留米に与那国といった地域へ向けた飛行機が発着しているのです。

久米島や石垣といった他の島へ渡る際のターミナルとしての役割を担っているのが那覇空港最大の特長といえます。

那覇空港の時刻表を見るには以下のURLが役立つことでしょう。
http://www.naha-airport.co.jp/flight/

こちらでは先ほどご溶解したエリアごとの出発及び到着便の時刻表を閲覧できます。

気を付けていただきたいのが航空会社によって問い合わせ先が異なる点です。

同じ行き先でもJALとANAでは問い合わせる番号が違いますから、トラブルがあった場合は自分が乗る予定の便がどの会社かを確認したうえで航空会社に問い合わせましょう。

那覇空港 レンタカー

沖縄県といえば本州では見られないほど澄み切った空と白い砂浜、そしてエメラルドグリーンの海を想像される方も少なくないはずです。

こういった景色を眺めながらのドライブは、まさに沖縄に来たことを象徴するアトラクションの一つといえます。

とはいえ、沖縄まで自家用車を持ってくるのは大変ですよね。

そんなときはレンタカーを利用して沖縄県内をドライブしてみましょう。

沖縄のレンタカー会社は非常に人気なので、事前に予約しておくことをおすすめします。

何も準備せずに利用しようとすると、借りるまでに1時間以上かかってしまうこともしばしばです。

余計な手続きを省きたいのであれば、空港までの送迎サービスが付いており、なおかつネットで予約が可能なレンタカー会社を利用してください。

以下のURLで条件を設定することで、ネット予約可能なアレンタカー会社を調べられます。
https://xn--lckwb3h2azcy453aw75btq1aw4b.jp/area/nahaairport/

那覇空港 駐車場

那覇空港には他の空港と同様に大規模な駐車場が用意されています。

驚きなのはその収容台数です。

他の空港であれば1,000台程度、多くても1,500台を超えるぐらいの収容台数というのが一般的ですが、那覇空港はそれを遙かに超える2,400台以上の車を止められる駐車場が用意されているのです。

3つ用意されている駐車場はいずれも立体式で、第三駐車場が最も規模が大きくなっています。

料金は30分以内であれば無料となっており、24時間で最大1,500円です。

駐車場の料金は以下のURLでシミュレーションすることができます。那覇空港の駐車場を利用するという人は、実際に足を運ぶ前に駐車料金がどれくらいかかるのかを調べておきましょう。
http://www.naha-airport.co.jp/access/parkingfeesimulation.html

那覇空港 リムジンバス

那覇空港から発車しているリムジンバスは沖縄の観光名所だけでなく、各ホテルまで直截お客を運んでくれます。

バスが走るエリアは大きくAからEの5つに分かれており、Aの区分ではヒルトンホテル沖縄リゾートをはじめとしたホテルに泊まるルートになっています。

どのホテルにバスが止まるのかといった詳しい情報は以下のURLに載っているのでご参照ください。
http://okinawabus.com/wp/ls/ls_timetable_fares/

リムジンバスのチケットを購入するには、到着口のすぐ横にあるリムジンバスの案内センターを活用しましょう。

いわゆる路線バスのように興津敬ICカードなどで乗車することはできませんので、必ず事前にチケットをご購入下さい。

那覇空港 免税店

那覇空港の特色は沖縄各地への飛行機が出ていることだけではありません。

実はブランドなどをお得に買える免税店が空港内と外部に構えられているのです。

那覇空港周辺の免税店ではパスポートを提示することなく商品を購入できます。

ブランドものによっては本来の値段の3割引きに近い値段で購入することも可能なので、那覇空港を訪ねた際にはぜひ訪れておきたいところです。

化粧品や日焼け止め、サングラスなど、南国の沖縄ならではのアイテムが充実しているので、那覇空港に到着したらまず免税店に足を運んで、沖縄で過ごす準備を整えるのも良いでしょう。

スポンサーリンク


 

公式メルマガの登録はこちら

SHIRITAIのお役立ち情報メルマガでは、ブログではお伝えできないお役立ちの最新情報をお届けしています。よろしければメルマガへも登録してみてください^^

メルマガの登録はこちら