松屋銀座

東京でも老舗の百貨店として有名な松屋銀座は、大正14年銀座3丁目に銀座営業所を開業しました。

はじまりは明治2年の横浜石川町で創業された「鶴屋呉服店」で、東京神田今川橋の「松屋呉服店」を買収することで東京へ進出することになります。

その明治32年の東京進出をかわきりに、明治41年ごろからは輸入雑貨や洋服も販売し始め、銀座、浅草、吉田橋際など百貨店事業を拡大していきました。

この事業拡大には、戦前の好景気にうまく乗ったこともあり百貨店としての発展につながっています。

なかでも、本店である松屋銀座は贅を尽くした内装で、その豪華さから訪れるだけでも価値があるといわれていました。

戦後はGHQに建物を接収されるなど、戦後の混乱のなか贅を尽くした豪華さは廃れていきましたが、昭和や平成の不況を乗り越えて今尚経営を成功させています。

◯松屋銀座「松屋銀座の歴史」
http://www.matsuya.com/m_ginza/about/history/

そこで今回は、松屋銀座についてお伝えします。それでは一つひとつみていきましょう。

松屋銀座 福袋

松屋銀座をはじめ、各百貨店では平成最後の福袋として、来年正月の福袋は平成という時代を表す企画で勝負します。

たとえば、西武池袋本店では平成で話題になった15種類のスイーツを店内の喫茶店で楽しめる「平成スイーツブッフェ福袋」や平成という年にロングセラーになったおもちゃの詰め合わせを予定しています。

また、高島屋では「次の世代」をコンセプトに、女子日本代表選手が教えるホッケー教室を企画していて、2020年の東京オリンピックに出場する代表チーム「さくらジャパン」の選手等による指導が受けられます。

そういった「平成という時代」や「次の世代」をコンセプトにした福袋が企画されるなか、松屋銀座では有楽町で開催されるディスコイベントのチケットと毛皮のコートなどが入った「おっけーバブリー福袋」を企画しています。

そのほかにも、リムジンで銀座を楽しむ体験や高級フレンチ、ダイヤモンドの指輪を組み合わせた豪華な福袋も企画されています。

◯松屋銀座 http://www.matsuya.com/m_ginza/

松屋銀座 ディズニー

松屋銀座では、2018年8月1日~8月20日までの20日間の期間限定で「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」が開催されていました。

8階のイベントスクエアで開催されたウォルト・ディズニー・アーカイブス展は、「D23 Expo Japan 2018」で披露された後、大阪の大丸梅田店をはじめ全国を巡回する形で松屋銀座へやってきました。

ウォルト・ディズニー・アーカイブスとは、1970年にウォルト・ディズニーとウォルト・ディズニー・カンパニーに関した史料の収集や保存、資料の調査部門としてカリフォルニア州バーバンクに設立されました。

なかには、一般公開されていない場所もあり、1万箱を超えるといわれる資料やグッズ、写真、書籍、また衣装や小道具といったものが保管されています。

今回のウォルト・ディズニー・アーカイブス展は、日本初の試みであるとともにアーカイブスを実際に体験してもらえるように企画されたものです。

展示されたものには、アーカイブスの貴重なコレクションのなかから厳選された約420点のアイテムで、なかには日本初公開の貴重なコレクションも含まれていました。

ここでは、その一部を紹介していきます。

(アーカイブス・ショーケースエリア)
ミッキーマウス生誕25周年や50周年、75周年、80周年といった生誕の日に、ジョン・ヘンチ氏が描いたミッキーマウスのポートレートが展示されていました。

(アニメーターズデスクエリア)
デスクのファンタジアのスケッチや壁の魔法使いの弟子イェン・シッドのスケッチが閲覧できました。

(リーディングルームとサーチルームエリア)
ここではアーカイブスが保管している歴史的な資料の閲覧や、クリエーターたちが学び、知識を生かす場所です。

(初期のアーカイブス・コレクションエリア)
ウォルト・ディズニーのサインやわんわん物語の書籍、デイブ・スミスの身分証などが展示されていました。

(映画とパークの宝箱エリア)
プリティ・プリンセス2で使用されたプリンセスミアのウエディングドレスをはじめ、作品に登場した女性キャラクターの衣装などが紹介されていました。

これ以外にも、パイレーツ・オブ・カリビアンのカルタヘナ聖杯、ジャック・スパロウのコンパス、デイヴィ・ジョーンズの心臓、フライング・ダッチマン号の模型なども展示されていました。

そのほかにも、アーカイブスから厳選された日本初公開のアイテムが所狭しと展示されていて、ディズニーファンのみならず楽しめる内容になっていました。

◯ウォルト・ディズニー・アーカイブス展
http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/details/20180801_waltdisney_8es.html

 

松屋銀座 営業時間

松屋銀座の営業日や営業時間については、公式サイトの「営業日・営業時間のご案内」で確認できます。

◯松屋銀座「営業日・営業時間のご案内」
http://www.matsuya.com/m_ginza/info/open.html

また、このページでは、「レストランシティGINZA」「松屋トラベルサロン」の営業時間などもあわせて確認できます。

 

松屋銀座 駐車場

松屋銀座の駐車場については、公式サイトの「アクセス・駐車場のご案内」で確認できます。

◯松屋銀座「アクセス・駐車場のご案内」
http://www.matsuya.com/m_ginza/info/access.html

銀座地区のど真ん中に位置する松屋銀座へは、電車でのアクセスがとても便利です。

電車での交通アクセス

東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A12番出口から直結

東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」9番出口から徒歩で3分

都営地下鉄浅草線「東銀座駅」A8番出口から徒歩で3分

JR「有楽町駅」から徒歩で8分

そのほか、クルマでの交通アクセスなど詳しくは公式サイトで確認してください。

スポンサーリンク

松屋銀座 レストラン

松屋銀座の8階レストランシティGINZAでは、さまざまなジャンルの飲食店があります。

◯松屋銀座のフロアマップ「レストランシティGINZA」
http://www.matsuya.com/m_ginza/floorguide/map/8f/

カジュアルイタリアンレストラン「イ プリミ ギンザ」をはじめ、大人のフランス料理「上野精養軒」、休憩や待ち合わせにも利用しやすい「MGカフェ」、老舗料亭「つる家」、伝統の中国名菜をはじめコースメニューが充実している「銀座アスター」など、このほかにも多くのお店が揃っています。

各店舗の詳しい情報は、下記のそれぞれのページで確認できます。

・イタリア料理&カフェ「イ プリミ ギンザ」:http://www.matsuya.com/m_ginza/floorguide/restaurant/iprimi/

・洋食「上野精養軒」:http://www.matsuya.com/m_ginza/floorguide/restaurant/seiyoken/

・MGカフェ:http://www.matsuya.com/m_ginza/floorguide/restaurant/mg_cafe/

・日本料理 京都「つる家」花陽:http://www.matsuya.com/m_ginza/floorguide/restaurant/tsuruya/

・中国名菜「銀座アスター」:http://www.matsuya.com/m_ginza/floorguide/restaurant/ginza_aster/

・とんかつ「恵亭」:http://www.matsuya.com/m_ginza/floorguide/restaurant/keitei/

・新宿 「つな八 銀座店」:http://www.matsuya.com/m_ginza/floorguide/restaurant/tunahachi/

・すし田「 乾山」:http://www.matsuya.com/m_ginza/floorguide/restaurant/kenzan/

・築地「宮川本廛」:http://www.matsuya.com/m_ginza/floorguide/restaurant/t_miyagawa/

・明月庵「ぎんざ田中屋」:http://www.matsuya.com/m_ginza/floorguide/restaurant/soba_tanakaya/

スポンサーリンク

松屋銀座 ランチ

松屋銀座周辺には、美味しいランチが楽しめる人気のお店や穴場のお店があります。

なかでも、「Retty」では実名での口コミから本当に美味しいと評判のお店が紹介されています。

松屋銀座に行かれる際の参考にされてみてはいかがでしょうか。

◯BESTなお店が見つかるサービス「Retty」~松屋銀座付近の美味しいランチ20選~

https://retty.me/area/PRE13/ARE2/SUB201/LND9643/PUR1/

松屋銀座周辺には、厳選されたブランド肉を堪能できるお店をはじめ、旬野菜をふんだんに使用した創作和食、近江牛や神戸牛のしゃぶしゃぶ、四季折々の旬な野菜が楽しめる松花堂弁当、ランチバイキングなど、東京・銀座ならではの名店が建ち並んでいます。

ネット予約が可能なお店も多いので、事前に予約して東京・銀座の名店で楽しいランチのひとときを楽しみましょう。

スポンサーリンク

いかがだったでしょうか?

今回、松屋銀座についてお話しました。

本店でもある松屋銀座は、銀座地区の百貨店においても売上・人気ともに高く、地下から屋上まであるフロアには、婦人服や婦人用品を中心に買い物客で賑わっていますが、内装の豪華さからも一度は訪れたい百貨店として女性からの支持を集めています。

また、「手土産の松屋」といわれるほど、こだわりの商品を扱った食品フロアや毎月開催される8階イベントスクエアでの展示会など見どころが満載です。

なかでも、8階のイベントスクエアで開催される展示会は、新聞社やイベント専門の企画会社、キャラクター専門店の方たちが意見を持ち寄ることで、企画の立案や施策、運営をしています。

常に新しいことにチャレンジする精神、ワクワク感と宝物を見つける喜び、というように幅広い年齢層の方に喜びを体験してもらえる展示会を提案しています。

この展示会は、松屋銀座ならではのレアな企画や展示会限定グッズ、フォトスポットの設置など全国を巡回するほどの人気があります。

その豪華さゆえ敷居が高く感じてしまう松屋銀座ですが、本店ならではの品揃えと良質なサービスから一度は訪れてみたい百貨店の一つです。

松屋銀座について知りたい方は、今回の記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

公式メルマガの登録はこちら

SHIRITAIのお役立ち情報メルマガでは、ブログではお伝えできないお役立ちの最新情報をお届けしています。よろしければメルマガへも登録してみてください^^

メルマガの登録はこちら