小石川後楽園

外堀通りの近くにある小石川後楽園は、江戸初期に水戸徳川家の上屋敷内に作られた日本庭園です。

◯文京区役所「小石川後楽園」
http://www.city.bunkyo.lg.jp/bunka/kanko/spot/teien/korakuen.html

◯公益財団法人 東京都公園協会「小石川後楽園」
https://www.tokyo-park.or.jp/teien/contents/index030.html

◯公園へ行こう!小石川後楽園
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index030.html

小石川後楽園は、水戸家の初代である頼房が築き、水戸光圀が命名して完成させました。

現在では都立公園になっていますが、国が文化財保護法で指定した史跡のなかでも特に価値の高さが認められる特別史跡、同じく文化財保護法で指定した名勝のなかでも特に価値の高い特別名勝にも指定されています。

そのことからも、小石川後楽園は自然のおもむきにすぐれ、その景観は芸術的にも価値の高いものとされています。

また、特別史跡と特別名勝といったように、国の文化財保護法で二重指定を受けているのは、ここ関東では小石川後楽園のほか浜離宮恩賜庭園だけになります。

そこで今回は、小石川後楽園についてお伝えします。それでは一つひとつみていきましょう。

小石川後楽園 紅葉

日本庭園の形式は、何で表現されているかにより分類されますが、小石川後楽園は大きな池のほかに茶室や林、田園などといったものを有機的につなげたもので園内を回遊して鑑賞する庭園となっています。

そのため、小石川後楽園は回遊式築山泉水庭園と呼ばれ、その自然から感じられるおもむきや味わいにすぐれています。

また、小石川後楽園では、480本といわれるモミジが彩る紅葉の美しさが広く認められていて、11月中旬から紅葉を楽しむイベントが開催されます。

◯小石川後楽園「深山紅葉を楽しむ」
https://www.tokyo-park.or.jp/event/41638.html

なかでも、琵琶湖を表現した「大泉水」、京都の嵐山にちなんだ「渡月橋」、「大堰川」の周辺が紅葉のスポットとしてオススメです。

そのほか、こちらのイベントでは能楽の公演をはじめ、里神楽の公演、日本古来の音楽と舞「雅楽」を奏でながらの舞、伝統技能見学会が予定されています。

(問い合わせ先)
小石川後楽園サービスセンター:03-3811-3015

小石川後楽園 彼岸花

小石川後楽園では、初秋を迎える9月中旬頃には彼岸花を鑑賞するイベントが開催されています。

詳しい開花情報は、小石川後楽園公式サイトの「お知らせ一覧」で随時報告されています。
また、イベントの詳細についても、公式サイトの「お知らせ」で紹介されます。

◯小石川後楽園「お知らせ一覧」
https://www.tokyo-park.or.jp/announcement/030/

今年も、彼岸の時期の9月18日頃には見ごろを迎えました。

なかでも、神田上水跡周辺はオススメのスポットで、トンボが飛びかう田園風景のなかでゆっくり鑑賞することができます。

園内を回遊して見ごろを迎えた彼岸花を楽しみながら、売店「葵屋」で季節限定のスイーツを味わうことができます。

そのほか、「老人週間」の期間中は、60歳以上の方と付添者1名の入園料が無料になるので、秋ののどかな一日を小石川後楽園で過ごされてみてはいかがでしょうか。

彼岸花を見ながら、田園風景をゆっくり散策できるオススメの観光スポットです。

小石川後楽園 飲食

小石川後楽園では、植え込み内や園路などでシートを敷くことや飲食は禁止されていますが、園内に設置されている縁台での飲食は可能です。

公式サイトの「この公園について」の「よくあるご質問」でも、お弁当の持ち込みなど飲食について紹介されています。

◯小石川後楽園「よくあるご質問」
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/about030.html

また、都立庭園などの有料公園では、管理上ペット連れでの入場も規制されているため入園する際は注意が必要です。

詳しくは、公式サイトの「この公園について」で確認してください。

そのほか、小石川後楽園周辺には、美味しいランチが楽しめるさまざまなお店があります。

下記のサイトでもランチが楽しめるお店が紹介されているので、小石川後楽園を散策される際の参考にしてみてください。

◯Retty「小石川後楽園付近の美味しいランチ20選」
https://retty.me/area/PRE13/ARE6/SUB602/LND2419/PUR1/

スポンサーリンク

小石川後楽園 アクセス・駐車場

小石川後楽園への交通アクセスや駐車場については、公式サイトの「アクセス・駐車場」から確認できます。

◯小石川後楽園「アクセス・駐車場」
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/access030.html

小石川後楽園では、駐車場がないため都営地下鉄など電車でのアクセスが案内されています。
とくに、イベント開催期間中は周辺の駐車場も混雑・満車になることが多くなります。

下記のサイトでは、小石川後楽園へのアクセスに便利な周辺の駐車場が紹介されています。

四季折々の彩り豊かな自然が楽しめる、小石川後楽園を散策される際の参考にされてみてはいかがでしょうか。

◯駐車場の神様「小石川後楽園 厳選8駐車場」
https://parkinggod.jp/parkinggod/koishikawakourakuen/

また、小石川後楽園への電車での交通アクセスについては、下記のようになっています。

(東京駅からの行き方について)
・東京駅~後楽園駅(東京メトロ丸の内線:所要時間9分)、後楽園駅~小石川後楽園(徒歩8分)

(新宿駅からの行き方について)
・新宿駅~飯田橋駅(JR総武線:所要時間12分)、飯田橋駅~小石川後楽園(徒歩8分)

そのほかの電車でのアクセスについては、公式サイトの「アクセス・駐車場」で詳しく紹介されています。

スポンサーリンク

小石川後楽園 前撮り

前撮りとは、結婚式とは別の日にウェディングドレスや和装などで記念写真を撮ることで、別撮りともいわれています。

小石川後楽園は、回遊式築山泉水庭園と呼ばれているため、日本庭園らしい自然のおもむきや味わいを感じることができる要素が満載です。

なかでも、赤い太鼓橋での前撮りは人気で、自然豊かな花や木々を背景に和装と赤い太鼓橋という組み合わせは、記念写真としても最高のロケーションです。

下記のサイトでは、小石川後楽園での前撮りの詳しい情報が紹介されているので、予定されている方は参考にされてみてはいかがでしょうか。

◯ONE STYLE「小石川後楽園」
http://location-wedding.net/plan/koishikawa-korakuen

◯和スタジオ 5to7「小石川後楽園」
http://studio-5to7.com/photo_gallary/spot/koishikawa.html

◯smacrit「小石川後楽園」
https://wedding.smacrit.jp/place/koishikawa.html

スポンサーリンク

小石川後楽園 涵徳亭

◯小石川後楽園「涵徳亭」
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/facilities030.html

小石川後楽園の「施設について」でも詳しく紹介されていますが、平成30年6月~平成31年3月中旬まで涵徳亭は利用休止となっています。

こちらの利用休止は施設内の改修工事にともなうもので、あわせてお食事処の営業も休止になっています。

工事の進歩状況や休止期間など、詳しいスケジュールについては公式サイトで確認してください。

なかでも、お食事処の涵徳亭美都屋は多くの人が訪れますが、美しい景観の庭園を一望できて、とてもリーズナブルな価格で楽しい時間を過ごせます。

本来は有料集会場として利用される施設ですが、落ち着いたたたずまいで食事や喫茶としても利用されています。
とくに窓側の席からは園内が見渡せ、散策途中の休憩として抹茶や和菓子が楽しめる素敵な場所です。

本来、茶室だったものを改装したその落ち着いたたたずまいからも、散策後の一休みとしてぜひとも寄ってみたい場所です。

ただし、涵徳亭の貸し切り予約が入っている場合は、一般の方は利用できないことになっています。

スポンサーリンク

いかがだったでしょうか?

今回、小石川後楽園についてお話しました。

小石川後楽園は、日本庭園のなかでもコンパクトに回遊式庭園が造られています。

大名庭園の定番ともいえる池を中心にした回遊式築山泉水庭園ですが、そのほかの特徴として中国の名所の名前をつけた景観があります。

たとえば、はじめに目にする大泉水は琵琶湖をを表現した景色ですが、これは中国の雄大な自然が広がる景勝地を配しています。

また、西湖の堤は中国の杭州の景勝地、西湖の堤に見立てています。

そのほかにも、小廬山と呼ばれる築山を含め、庭園内のさまざまな場所で中国の景勝地を配しています。

広大な敷地に自然豊かに広がる歴史ある日本庭園ですが、随所にみられる中国テイストな建物や橋など珍しい景色を目にすることができます。

小石川後楽園は、都会の喧騒のなかで四季を感じることができる場所で、池に映り込む木々とビル、そして瓦屋根など都心ならではの景色との対比を楽しむことはできます。

小石川後楽園について知りたい方は、今回の記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

公式メルマガの登録はこちら

SHIRITAIのお役立ち情報メルマガでは、ブログではお伝えできないお役立ちの最新情報をお届けしています。よろしければメルマガへも登録してみてください^^

メルマガの登録はこちら