Kindle for pc

紙やインクを使わず、電子データ化したものをデジタル機器で閲覧する電子書籍。
一番のメリットは、一つの端末の中に多くの書籍データを保存することができるので、本棚の場所を必要としないことです。
読書好きの人であれば、本の置き場所に困った経験も一度や二度ではないはず。さらに、複数の本を持ち歩かなくてもいい手軽さもあって、最近人気が高まっているようです。

電子書籍はスマートフォンやタブレットの他、専用のリーダー機器を使って読むことができます。中でも有名なものが、大手インターネット通販サービスのAmazonが販売している電子書籍リーダー「Kindle」シリーズ。

サイズはおよそ縦16cm、横12~14cm、厚さ1cm未満、ディスプレイは6~7インチ、重さは160~200g。携帯するのに便利な大きさながら、最大数千冊分の書籍を保存することができます。価格は約8,000円から40,000円と種類、グレードによって様々です。

KindleはAmazonのウェブサイトから“Kindle版”の電子書籍を購入・ダウンロードして利用しますが、Kindleを持っていなくてもアプリを利用すれば、スマートフォンやタブレット、パソコンなどで“Kindle版”の電子書籍を読むことができます。

アプリはiPhone・iPad、Android向けに加えて、パソコン版も「Kindle for Mac」「Kindle for PC(Windows)」と2種類あり、しかもどれもアプリ自体のダウンロードは無料です。
Kindleの専用端末は買わなくても、電子書籍がどういったものか気軽に試してみることができます。

Kindleは専用のリーダー、アプリのいずれの端末でもAmazonで販売されている「Kindle版」の電子書籍であれば、小説・漫画・雑誌と読むことが可能ですが、一番の違いは“専用のリーダー「Kindle」シリーズはモノクロ(白黒)、アプリは紙の書籍と同様のカラー配色で表示される”こと。

スマートフォンやタブレット、パソコンが液晶ディスプレイを搭載しているのに対して、「Kindle」シリーズは電子ペーパー(e-ink)のためモノクロ(白黒)でしか表示できません。ただし、ブルーライトを使っていないので長時間読み続けても目への負担は少ないと言われており、明るい日差しの中でも光の反射がなく読み易いのが特徴です。

購入したKindle版の電子書籍は、本人に紐づくよう登録した端末であれば複数の端末にダウンロードできるので、小説・漫画などの本文などは「Kindle」、表紙のカラーなどを見たい場合はスマホやタブレット。雑誌などの大きい画面で見たい場合はパソコン版にするなど書籍に合わせて楽しむことができます。

スポンサーリンク

kindle unlimited

Amazonでは、2016年8月3日から“Kindle版の電子書籍を月額定額で読み放題できる「Kindle Unlimited」”を開始しました。
公式では、“書籍、コミック、雑誌を含む和書12万冊、洋書120万冊以上”を読み放題としており、さながら電子書籍の有料図書館のようです。

〇「Kindle Unlimited」
月額料金:980円(税込み) ※初回の30日間は無料
利用可能な端末:Kindle、スマートフォン、タブレット、パソコン

ただし、Kindle版の電子書籍がすべて対象ではなく、「Kindle Unlimited」のロゴが付いているもののみが読み放題。新刊などは対象外であることがほとんどのようです。

また、読み放題とはいえ同時にダウンロードできるのは10冊。11冊目以降(新しい本)が読みたい場合は、端末に保存している本のデータを削除する必要があります。

とにかく、沢山の本が読みたい人、月に雑誌を複数購入、かつ手元に保存しない人には大変お得なプランでしょう。ただし、紙の雑誌と同じ発売日とは限らない、一部掲載されていないページあるなど注意も必要です。

「Kindle Unlimited」は初回の30日間は無料なので、読みたい本があるかどうか試しに登録してみてはいかがでしょうか?

kindle unlimited 解約

ここでは、「Kindle Unlimited」の解約方法についてご紹介します。
一度登録したものの、読みたい本や雑誌が少なかった場合に簡単に解約することが可能です。

〇「Kindle Unlimited」解約方法
①Amazonの公式ホームページにログイン。トップにある「アカウント&リスト」から「お客様のKindle Unlimited」を選択。
②「メンバーシップを管理」をクリックして、下に表示される「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」をクリック。
③「会員資格を[日付]に終了」をクリックして完了。

以上が解約の流れですが、月額料金のため次回請求日まではKindle Unlimited対象の本を利用することはできます。請求日以降は、Amazonアカウント内にはブックマーク、メモ、ハイライトなどの情報は保存されているものの、本を購入するか再度Kindle Unlimitedに入会しないと表示することはできません。

スポンサーリンク

kindle オーナーライブラリー

Amazonでは、「Kindle」シリーズ、もしくは「Fireタブレット」を持ち、Amazonプライム、Prime Studentのいずれかに登録している場合は「Kindleオーナー ライブラリー」を利用することができます。

「Kindleオーナー ライブラリー」とは、上記の条件を満たしていれば“好きな本を1ヶ月に1冊、無料で読むことができる”というもの。
ただし、対象となる本は決まっておりタイトルは毎月変わる場合があります。

このサービスはAmazonプライム、Prime Student(有料)に登録している会員本人が対象であり、プライムの家族会員やPrime Studentの無料体験会員は対象外です。
また、「Kindleオーナー ライブラリー」の本は無期限で利用できますが、Amazonプライム会員登録をキャンセルした場合や期限が切れた場合には本の利用も終了します。

kindle アップデート

「Kindle」シリーズは電子書籍専用のリーダーですが、Wi-Fiなどのインターネットを使って電子データをダウンロードするため、Kindleのサービスを利用するには端末(Kindle)のソフトウェアを最新バージョンにアップデートしておく必要があります。

特に購入してから年数がたったままソフトウェアを更新していないと、Kindleストアへのアクセスやダウンロードなどで不具合が起こる可能性も否めません。

通常であれば、Wi-Fiに接続した状態で充電すると自動的に最新版ソフトウェアへのアップデートを行います。
もし、自動的にダウンロードが開始されない場合は、以下のように手動で行いましょう。
〇「Kindle」最新版の手動でのアップデート方法
①パソコンで、アップデートしたい端末のソフトウェアアップデートページへアクセスしてダウンロード。
②Kindleの電源を入れ、USBケーブルでパソコンと接続。
③ダウンロードした最新ソフトウェアのファイルを“Kindleドライブにドラッグアンドドロップ”して転送。
④データが転送完了したことを確認してからUSBケーブルをはずす。
⑤Kindleのホーム画面のメニューアイコンから「設定」を選択。再度、メニューアイコンをタップして「Kindleをアップデート」を選択、「OK」をタップしてアップデートを開始する。
⑥アップデート完了後には、Kindleは自動的に再起動される。※場合によっては複数回

詳しくは、公式ホームページをご確認ください。
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=202048000