今回は京成バラ園にスポットを当ててご紹介します。京成バラ園は千葉県八千代市にあります、バラをメインとした植物園です。純粋にお花が好きだとか、たまにはちょっと嗜好を変えてレジャーを楽しみたいという方、ぜひ参考にしてみてください。

京成バラ園芸

京成バラ園芸は、千葉県八千代市に本社を置くバラの育種及び苗の製造販売企業で、京成グループの所属です。

およそ3万㎡の広さの京成バラ園を経営する一方で、バラの品種改良を行っており、国際的なバラコンクールで数々の受賞実績を誇ります。

造園業も行っており、西部造園など関東における鉄道系造園会社の一つでもあります。

京成バラ園 イベント・見頃

春と秋のシーズンを中心に様々なイベントを展開しています。今回調べた情報として、ローズフェスティバルというのがあり、毎年テーマを選定してホームページ上に特設ページを設けるなど、観光客を取り込む戦略を繰り広げています。

毎年5月ごろに春バラ、10月から11月にかけて秋バラのシーズンを迎え、広大な敷地に世界各国のバラが咲き誇ります。

その数1500品種1万株。春バラの一番にぎやかな時期が5月後半から6月初旬にかけてですが、天候にも左右されることが大きいので、見たい品種があるときは直接電話で見ごろや開花状況を確認してみるのがいいでしょう。

京成バラ園 入園料

京成バラ園の入園料はバラシーズンとそれ以外で異なります。

◯春バラシーズン(5・6月) 大人1,200円 小学生・中学生200円
◯夏バラシーズン(7・8月) 大人500円 小学生・中学生100円
◯秋バラシーズン(10・11月) 大人1,000円 小学生・中学生200円

京成バラ園公式サイトの営業案内より入園料をチェックすることができます。
【京成バラ園 入園料】http://www.keiseirose.co.jp/garden/businessguide/

京成バラ園 アクセス・駐車場

◯公共交通機関をご利用の方
東葉高速鉄道 八千代緑が丘駅下車徒歩15分または東洋バス八千代医療センター行・八千代中央駅行「京成バラ園」下車(乗車時間約5分)、京成線 八千代台駅西口下車の後、東洋バス2番のり場八千代緑が丘駅経由八千代医療センター行・八千代中央駅行「京成バラ園」下車(乗車時間約30分)の方法があります。

近郊からのアクセスとしてJR総武線西船橋駅で東葉高速鉄道に乗り換えて八千代緑ヶ丘駅で下車する方法と、地下鉄東西線(西船橋駅で東葉高速鉄道に乗り入れしているそうです)の場合、東葉勝田台駅行きに乗車した場合は八千代緑ヶ丘駅で下車、それ以外の場合は西船橋駅で東葉高速鉄道に乗り換えていただくことになるそうです。
 
◯お車でお越しの方
お車の場合、関越自動車道・東北自動車道・東京外環自動車道・常盤自動車道をご利用の場合は常盤自動車道・柏インター出口から国道16号線を千葉方面に向かっていただくことになります。東名高速道路・中央自動車道・東関東自動車道をご利用の場合は東関東自動車道・千葉北インター出口から国道16号線を八千代方面に向かっていただくことになります。また、京葉道路をご利用の方は武石インター出口から八千代方面に向かっていただくことになります。
 
◯駐車場
駐車場は700台分設置されており、料金は無料です。ただし、毎年春と秋のシーズン時は周辺道路が大混雑しますので、時間に余裕を持ってお出かけになることをお勧めします。

京成バラ園通販

京成バラ園芸では、遠方の方のための通信販売も行っており、専用のサイトも用意されています。

取扱商品はバラだけでなくガーデニング用品・関連する雑貨や書籍・バラ以外の植物と多岐にわたり、特別企画も用意されています。

支払い方法は代金引換・コンビニ決済・郵便振替・銀行振り込み・クレジット決済・後払い決済(コンビニ又は銀行にてお支払)の方法が用意されており、配送及び送料に関しては、商品カテゴリに応じて900円から3000円までと多岐に渡り設定されています。

アフターサービスも充実していますし、万が一の場合も返品対応など親切丁寧に行っていただけると思います。友の会も準備されていて、入会特典として商品1割引、夏にオリジナルカタログ・秋にオリジナルカレンダーの無料配布、会員限定の優先販売や特別販売など、様々な形で用意されています。