上高地 紅葉

海なし県として知られている長野県は、それを補って余りある自然の魅力を備えています。

松本市にある上高地もその一つです。

梓川と穂高連峰が形成する雄大な景色は、四季の彩を色濃く伝えるキャンバスです。

特に紅葉の時季は多くの観光客が訪れて、紅葉狩りや写真撮影に勤しんでいます。

上高地が紅葉の見ごろとなるのは10月の上旬です。そこから10月の下旬までは紅葉が持ちますが、それ以降は落ち葉となってしまう傾向にあるのでご注意ください。

10月の中頃には明神池お船まつりと呼ばれる穂高神社の例大祭が開かれるので、こちらを見学しながら紅葉を楽しむのも良いでしょう。

上高地で紅葉の写真を撮影する際にはカエデやカラマツといった植物だけではなく、山々を背景に入れた方が広がりのある風景として写真に残ります。

上高地 天気・気温

上高地は長野県でも気軽に訪れることができる名所と思われがちですが、山岳地帯にあるため天候が急変することも少なくないのです。

国立公園特別保護地区に指定されている景勝地でもあり、動物や植物をむやみに持ち帰ることは禁じられています。

上高地を訪れる際には、天気・気温の特徴を押さえておきましょう。

平均気温は市街地よりも10度ほど低く、秋ごろには気温が一けたになることも珍しくありません。

特に11月は平均最高気温が10度前後となっており、きちんと防寒対策をしていかないと風邪をひいてしまいます。

積雪も10月ごろから見られますから、この時期にお出かけする方はお気を付けください。

上高地の天気予報をスマートフォンやネットでチェックしたいときは、以下のURLをおすすめします。
https://tenki.jp/leisure/3/23/145/60940/

その日の天気や降水確率だけでなく、10日間天気といった情報も簡単に確認できるので、上高地旅行の際に役立ててください。

 

上高地 ライブカメラ

実際に足を運ぶのは難しいけれど、現地の様子をどうしても知りたい。

こうした思いを抱いている方の役に立つのがライブカメラです。

ライブカメラとは映像配信によって特定のエリアがどんな様子なのかを知ることができるサービスです。

上高地エリアは比較的ライブカメラが充実しており、いくつかの地点の生の風景を見ることができます。
https:// www.youtube.com/watch?v=nVqORgq7zxQ

河童橋の付近にあるライブカメラでは、観光客が橋を渡ろうとしている様子をうかがい知れます。

空の様子や木々の紅葉も充分に確認できるので、上高地の今を知りたい人におすすめです。

映像ではなく静止画のライブカメラとしては、以下のページもおすすめです。
https:// www.nishiitoya.com/camera/

こちらは西糸屋山荘と呼ばれるスポットからの眺めで、合羽橋付近よりも自然の風景が多いのが特徴です。

上高地に行くのが難しいという人も、ご紹介したライブカメラをチェックして上高地の雰囲気を味わいましょう。

上高地 バス

上高地は首都圏からも車で行ける景勝地として、ツアー会社のプランに組み込まれるケースが多くなっています。

現地までバスで移動した後、上高地の自然をたっぷり味わうウォーキングツアーは特に人気です。

明神池や徳沢など、都会にいてはなかなか見られないような風景を間近で体感できるわけですから、時間とお金を使う価値があるのではないでしょうか?
バスツアーを探す際には、どこのエリアから出発するのかを決定してから情報にあたることをおすすめします。

出発エリアによっては、ツアーバスがお客を拾うことができない場面も見受けられるからです。

以下のURLにあるようなツアーを活用して、上高地の魅力を満喫しましょう。
https://www.his-j.com/kokunai/kanto/tour_info/koshinetsu/kamikochi/index.htm

 

上高地 アクセス

上高地へのアクセスとしてマイカーを利用したいという人は、以下の手順に従うことをおすすめします。

東京から訪れる場合は、中央自動車道で交付や塩尻を経由し、松本インターチェンジで降りてください。

そこから沢渡とよばれるエリアまで来たら、専用のバスやタクシーに乗り換えるのです。

上高地は自然景観保護のためにマイカー規制を行っているので、こうした車両に乗り換えるのがルールとなっています。

名古屋や関西からお越しの方は、松本インターチェンジではなく、東名自動車道の高山インターチェンジを目指していただくと良いでしょう。