快活クラブ

快活クラブとは全国チェーンのネットカフェです。

ネットカフェは、マンガやインターネットが読み放題、使い放題の施設のことですが、快活クラブではそのほかにもさまざまなサービスを提供しています。

漫画にくわえ雑誌や新聞が読み放題、食事も可能でドリンクバーやソフトクリームの飲み放題、食べ放題、そしてダーツ、ビリヤード、カラオケなども楽しめます。

また、快適に利用してもらえるように、 広々とした個室に豊富な種類のシートを取り揃えています。

これは一部の店舗に限られますが、シャワーが完備されているところもあります。
別途料金がかかりますが、シャワーが使えれば体がさっぱりとしてリラックスして利用できます。

とくに、ドライヤー、シャンプー、ボディソープが常設なのはうれしいサービスです。

そのほか、料金はどのブースでも一律で、どこに移動しても何度移動しても料金は基本的にかからないため気分に合わせて移動できます。

快活クラブでは、ネットカフェの利用が不安な女性ユーザーにも配慮していて、「女性専用ルーム」を設けるなど安心して利用できる空間を提供しています。

快活クラブはインターネットやマンガを楽しむだけでなく、会員のランクに応じたポイントサービスや、ダーツ、カラオケ、ビリヤードなども楽しむことができる幅広い客層をターゲットにした複合施設です。

そこで今回は、快活クラブについてお伝えします。それでは一つひとつみていきましょう。

快活クラブ vr

最初に、快活クラブの全店舗では2種類のVRサービスを体験できます。

◯快活クラブ 選べる2機種でVRを体験しよう
http://www.kaikatsu.jp/info/2018/3222.html

◯VR THEATERについて
https://www.vrtheater.jp/

◯VIRUTAL GATEについて
http://lp.virtual-gate.com/

快活クラブでは、全店舗で「Galaxy GearVR」を導入しており、VRの動画コンテンツサービス「VR THEATER」を提供しています。

「VR THEATER」は、利用料金が900円でVRコンテンツが見放題のサービスです。

また、VRゴーグル「FOVE」を使用したVRコンテンツサービスも全店舗で提供しており、「VIRUTAL GATE」のコンテンツを楽しむことができます。

こちらは、基本料金600円で有料コンテンツが利用できるため、初めてVRを体験する人にはオススメのサービスです。

快活クラブ 料金

快活クラブの利用料金は、店舗ごとのページで案内されています。
はじめて利用される方は、最初に利用予定の店舗を検索して料金の詳細を確認してください。

たとえば、店舗を検索したあと、店舗名の横にある「料金案内」から利用する店舗も料金体系が確認できます。

店舗によってことなりますが、おトクなパック料金や利用予定の時間に応じた細かな料金設定が用意されています。

また、初回のみメンバーズカード発行手数料として334円(税込360円)がかかります。

◯快活クラブ 店舗・料金案内
http://www.kaikatsu.jp/shop/

ここでは、快活クラブの一般的な料金プランを紹介しますが、店舗によっては料金が前後するので利用の際は各店舗の料金プランを確認してください。

◯快活クラブの一般的な料金プラン
・入会金(初回のみ):334円(税込360円)

・最初の30分:248円(税込267円)

※以降、10分毎に77円(税込83円)

(パック料金一覧)
・3時間:953円(税込1029円)
・6時間:1524円(税込1645円)
・9時間:1905円(税込2057円)
・12時間:2191円(税込2366円)
・ナイト8時間(PM8:00~AM4:00までの入店から8時間):1429円(税込1543円)

※土日祝の週末の利用では、パック料金+96円(税込103円)が加算されます。
※自動切替とは、利用時間に合わせてパック料金に自動で切り替わるシステムです。
※入店から12時間で一度精算になります。

快活クラブ 混む 時間

店舗の場所や季節によっても異なりますが、土日祝や連休は混雑しています。

混雑する時間帯の目安として、平日は夕方〜、土日祝や連休は1日を通して混んでいるイメージです。

また、25:00~29:00(深夜1時~5時)といった電車が止まっている時間帯も店舗によっては混雑しています。

ただし、快活クラブでは、満16歳未満の方は20時~翌7時まで、満18歳未満の方は22時~翌7時までの利用を制限しています。

そのほか、小学生以下の方が利用する場合は、必ず保護者の同伴が必要になります。

※18歳未満の方が保護者同伴の場合でも、22時~翌7時までの利用はできません。

スポンサーリンク

快活クラブ 店舗

快活クラブの店舗検索では、エリア別検索や地域別検索、店舗名を指定しての検索、また鍵付防音個室やアミューズ場内禁煙、シャワーの有料無料、女性専用エリアなど条件を絞り込んで検索することができます。

◯快活クラブ 店舗・料金案内
http://www.kaikatsu.jp/shop/index.html

※カラオケルームの予約はできますが、ブース席やダーツなどは来店したお客さまが優先となります。

また、利用を予定している店舗の混雑状況は、店舗検索から直接電話での問い合わせになります。

そのほか、快活クラブのインフォメーションでは、各店舗のリニューアル情報や新規オープンの店舗、移転情報など、
店舗のオススメ情報や最新情報が掲載されています。

◯快活クラブ インフォメーション
http://www.kaikatsu.jp/info/343/index.html

スポンサーリンク

快活クラブ 個室

快活クラブのリラックスルームでは、完全会員制の鍵付防音個室が用意されています。

いままであったネットカフェの手軽さや便利さにくわえて、安心・安全なくつろげる空間を提供しています。

◯快活クラブのルームタイプ一覧
※店舗によって、各ルームの設置状況は異なります。

(レギュラールーム)
背もたれが180度倒れる多機能チェアを備え、Microsoft Officeやゲーム用PCも導入されているため、仕事や勉強などさまざまな用途に対応できる多機能タイプです。
また、レギュラールームには、靴を脱いで横になれるマットルームも用意されていて、映画鑑賞などゆったりくつろげるフラットタイプもあります。

(ワイドルーム)
レギュラールームの約1.2倍の広さをほこるワイドルームは、2人でものんびりくつろげ、リラックスして過ごせる余裕のある空間です。

(VIPルーム)
レギュラールームの約2倍の広さがあるVIPルームでは、数人でもゆったりくつろげ、映画鑑賞やちょっとしたグループでのおしゃべりにも最適な空間です。また、Microsoft Officeが導入されているPCもあるため、簡単な打ち合わせにも利用できます。

快活クラブのリラックスルームは、防音対策がされているため仕事にも集中できて、電話の声で隣室に迷惑がかかることもありません。
また、PCやWi-Fi、プリンターを完備しているため、勉強などさまざまな用途にあわせて便利に利用できます。

そのほか、24時間いつでもチェックイン・チェックアウトができるため、飲み会後の始発の待ち時間や朝までゆっくりするなど時間を気にせず利用できます。

とくに、鍵付防音個室や女性専用ルーム、パウダールーム、完全会員制など、女性が安心して利用できるようにセキュリティ面もしっかりしています。

女子会や友だちとゆっくり話したいときなど、女性が手軽に安心して利用できるようになっています。

スポンサーリンク

快活クラブ モーニング

快活クラブでは、幅広い年齢層をターゲットにしているため、さまざまなメニューを揃えています。

◯快活クラブ おすすめメニュー
http://www.kaikatsu.jp/food/index.html#598

また、おすすめメニューのページでは、デジタルメニューによって全メニューが閲覧できます。

◯快活クラブ デジタルメニュー
http://www.kaikatsu.jp/food/menu/

なかでも、快活クラブでおすすめメニューの一つが無料のモーニングです。

毎日6:00~10:30限定で、1日1人様1品限り無料のモービングが利用できます。

また、別途料金はかかりますが、イチゴジャムやメープルシロップ、無料モーニングの2倍の量のWモーニングも利用できます。

そのほか、朝うどんや朝カレー、朝納豆セットといったメニューも用意されています。

無料モーニングは、快活クラブのおすすめのサービスで、人気のメニューでもあります。

スポンサーリンク

いかがだったでしょうか?

今回、快活クラブについてお話しました。

快活クラブは、広くて清潔な個室や鍵付防音個室、女性専用ルームなど、業界では後発のネットカフェですが、
女性が利用しやすい設備を整えることでネットカフェのなかではダントツの人気を誇ります。

また、完全直営のためしっかりした研修制度があり、接客面の良さからもリピーター率の高さにつながっています。

料金体系をみても、おトクなパック料金や細かな時間設定、そしてメニューの種類が豊富なことも現在の人気に現れています。

そもそも、快活クラブは、「広く豪華で、明るく快適なカフェづくり」をコンセプトに短期間で業界トップに立ちました。

各店舗による差がほとんどなく、清潔で安心なことからも女性や子どもが利用しやすいネットカフェです。

オンラインダーツやビリヤード、カラオケルーム、VRサービスなどを併設する複合施設であるため、客層の幅が広く雰囲気の良さがあります。

そのほか、快活クラブの全店舗は「バリ島」のリラックスできるイメージで統一されています。

そのイメージから店内の照明にもこだわり、天井には一切照明がなく、壁側にある照明が天井に向けてあるので、個室内に直接光が入らないように工夫されています。

カフェのような「オープンシート」と呼ばれるエリアもあり、ゆったりくつろげる空間を演出しています。

駅前などを含め主に郊外を中心にして、駐車場を完備した大型の店舗を展開していますが、いままでのようなネットカフェではなく、
利用する人によってさまざまな過ごし方ができる複合カフェです。

快活クラブについて知りたい方は、今回の記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク