JAF デジタル会員証

JAFデジタル会員証の魅力は、スマートフォンの画面を優待施設に提示するだけで優待を受けれること、もう一つはGPSを利用しての救援依頼です。

アプリ内にはJAFのサービスが網羅されているため、アプリひとつで幅広く活用できます。
また、JAFデジタル会員証アプリでトラブルが発生しても、総合案内サービスセンターのサポートがしっかりしているので安心感があります。

いつも持ち歩いているスマートフォンだからこその利点が大きく、新しい機能も追加予定なためさらに便利に活用できるように思います。

JAFデジタル会員証は、保険の付帯サービスにはないJAF独自の手厚いサービスのひとつになります。

そこで今回は、JAFデジタル会員証についてお伝えします。

それでは一つひとつみていきましょう。

JAFデジタル会員証とは

JAFデジタル会員証とは、カードの会員証をより便利に利用してもらうためにJAFが提供しているアプリ版のJAF会員証のことです。

通常の会員証と同じように利用できて、ロードサービスのときや優待割引サービスを受けるときなどスマートフォンがあることでカードを持ち歩く煩わしさから解放してくれます。

(推奨環境)
・iOS:iOS6.0以降(iPhone・iPad・iPodtouchに対応)
・Android OS:2.3もしくは4.0以上(タブレットには未対応なため、正常に動作しない可能性があります)

JAFデジタル会員証の主な特徴

①通常の会員証と同じデザインの会員証を基本にしているため、契約年数に応じて券面の色も変化します。
②スマートフォンで会員証画面を表示してみせることで、施設や店舗での優待割引サービスを受けることができます。
③日本国内のみならず、海外でも協定を結んでいる優待施設では同じサービスを受けれます。
④このアプリのメニューから簡単にロードサービスを呼ぶことができます。
⑤JAFお得ナビと連動しているため、メニューより身近な優待施設を検索することができます。
⑥JAFマイページへのログインが不要になるため、アプリから各種手続きや変更を行うことができます。
⑦パスコードを設定することで、不正利用を防止することができます。(iOSの場合は、Touch IDによる指紋認証にも対応しています)
⑧会員証画面の有効期限は、サービスを受けることができる有効期限が表示されます。
⑨家族会員へのサービスにも対応しています。

ただし、JAFデジタル会員証のすべての機能を利用するには、JAFマイページへの登録が必要なため注意してください。
また、誤ってアンイストールシた場合、サービスセンターにて連携解除が必要になります。

JAFデジタル会員証の家族会員について

JAFデジタル会員証は、個人会員と家族会員限定のサービスのため、家族会員の方でもJAFデジタル会員証を利用することができます。

JAFデジタル会員証の登録手順

①お使いのデバイスにあったJAFデジタル会員証のアプリをダウンロードします。
②「JAFデジタル会員証へようこそ」の画面が表示されるので、利用規約を確認後「利用規約に同意して続行」を選択します。
③会員証の有無の選択画面が表示されるので、「会員証をお持ちの方」を選択します。
④JAFログインIDを入力して、「認証」を選択します。
⑤JAFマイページに登録されている方は、パスワード入力画面が表示されます。
⑥JAFマイページに登録していない場合は、「マイページ登録が行われておりません」と表示されるので「OK」を選択します。
⑦JAFマイページの登録手続きを行います。
・会員情報の入力をします。
・入力内容に誤りがないか確認します。
・本人認証用コードを入力します。
・必要項目が入力できている場合は、手続きが終了です。
⑧認証後に「デジタル会員証を利用する」と表示されるので選択します。
⑨デジタル会員証の画面が表示されます。

こちらのアプリで利用できるJAFデジタル会員証は、個人会員及び家族会員限定のため法人会員の方は利用できません。

また、JAFデジタル会員証の登録方法は,、「JAF会員証をお持ちの方」、「申し込み番号をお持ちの方」、「QRコードをお持ちの方」、「スマホからネット入会の方」それぞれ登録方法がことなるため詳しくは以下の「JAFデジタル会員証アプリ」のサイトを確認してください。

《JAFデジタル会員証アプリ:ご登録方法ご紹介》http://www.jaf.or.jp/proceed/member/certificate/entry/

JAFデジタル会員証のメリット

JAFデジタル会員証を利用することで、カードを忘れてもスマートフォンの会員証画面を提示することで提携している優待施設の優待割引サービスを受けることができます。
また、最近ではポイントカードなど持ち歩くカードが増えてますが、JAFデジタル会員証はカードを持ち歩くことの煩わしさから解放してくれます。

さらに、山間部など通信圏外での利用の際も、直近での通信に使用した情報をもとにするため通信環境が不安定な場所でも安心して利用することができます。

その他、不意な事故などのトラブルで、ロードサービスを呼ぶときにもJAFデジタル会員証ならではの大きなメリットがあります。

JAFデジタル会員証は、ロードサービスを呼ぶ際にGPSの位置情報を利用するため、「GPS位置情報通知システム」と同様のことができます。
そのため、出先でロードサービスを利用する際の安心感につながり、トラブルなどで現在地が分からないときの不安を和らげてくれます。

なれない土地でも、変わらずロードサービスがすぐに駆けつけてくれる安心感は大きいように思います。

アプリのJAFデジタル会員証を利用するということは、常に安心を持ち歩くことにつながります。

スポンサーリンク

JAFデジタル会員証でのマイページの利用について

JAFデジタル会員証アプリからでもJAFマイページを利用することができます。

JAFマイページは、会員専用のWEBサービスで各種手続きができます。
また、JAFマイページは個人会員及び家族会員限定のサービスになります。

JAFマイページからできる各種手続き一覧

(登録情報の照会)
①住所、連絡先などの登録情報の変更、追加手続きができます。
②ロードサービスの利用履歴が確認できます。
(過去10年間、10回分まで確認することができます)
③モータースポーツライセンスの確認ができます。

(各種手続き)
①継続手続きができます。
②年会費のクレジットカード支払登録ができます。
③口座引落に必要な資料請求ができます。
④モータースポーツライセンスの更新手続きができます。
⑤JAFドライブMAPの申込みができます。
⑥各種資料請求ができます。

(利用の際の注意点)
・7時から7時40分の間は定期メンテナンスのため各種変更手続きをすることができません。
・モータースポーツライセンスは、四輪及びカートの国際A・Bライセンス、18歳未満の方に発給するライセンスは対象外になるので注意が必要です。

スポンサーリンク

いかがだったでしょうか?
今回、JAF デジタル会員証についてお話しました。

通常の会員証のときには、トラブルのときに限って持ち歩いていないなど困ってしまうことがありました。
しかし、JAFデジタル会員証ではアプリをインストールすることで、スマートフォンが会員証の代わりになるので持ち歩くという煩わしさから解放してくれます。

JAFといえば、車のトラブルでのロードサービスの利用が多いとは思いますが、なれない土地では現在地を正確に伝えることが難しいときがあります。
そういうときに便利なのが、JAFデジタル会員証アプリのGPS位置情報通知システムの存在です。

スマートフォンのGPSを利用することで、位置情報を取得して簡単にJAFへ位置情報を通知することができます。
緊急時には説明する手間が省けて、すばやく対応することができます。

このように、JAFデジタル会員証アプリは、思わぬトラブルが発生したときのアシスタントとしてユーザーをサポートしてくれます。

JAF デジタル会員証について知りたい方は、今回の記事を参考にしてみてください。