JAFの会員優待ではいろいろなサービスを受けれますが、雪の日の事故など後回しにされず優先されることも一つのメリットになります。料金はかかりますが、旅行や各施設の優待で割引サービスを利用することで料金はほとんどかからないといえます。

また、ディーラーで作ったカードなどのレッカーは距離も短く無料ではない条件がありますが、JAFはどこよりも手厚いサービスを受けることができます。

いろいろな優待もあって安心を買うという意味での価値が大きように思います。その他、公式スポーツライセンスの受験資格ができます。

JAFは国際自動車連盟の傘下のため、国内A/B国際A/B/Cをとる際は必要になります。そのため、サーキットライセンスを取るために加入している人も多くいます。

ただし、最近では任意保険にロードサービスが付帯されていたり、ガソリン会社のクレジットカードにもロードサービスがついてくるので、
以前ほど必要性を感じていない人もいます。

たしかに任意保険のロードサービスが優れている点も多くありますが、JAFとは大きく異なる点があります。たとえば、任意保険のロードサービスは車が加入するという形態のため、その車を誰が運転していてもサービスを受けることができます。

しかし、JAFの場合は人が加入するという形態のため、加入者ではなく家族や友人が運転しているときはサービスを受けることができません。

最近の任意保険のロードサービスでは、レンタカー代が出たり、人数分の新幹線代が出たりとサービスの手厚さでは変化してきています。

そこで今回は、JAF 優待についてお伝えします。

それでは一つひとつみていきましょう。

スポンサーリンク

JAF会員優待について

JAFの会員優待施設には多彩なジャンルのものがあり、うまく利用することで年会費以上のサービスを受けることができます。

たとえば、ホテルやファミレスでの食事、入浴施設、ガソリンスタンド、クリーニング店、美術館や博物館などの観光施設などいろいろな場所で割引を受けれます。

ただし、優待施設が多くあるため、どこで割引サービスを受けれるのかわかりにくい部分もあります。そういうときは、JAF優待施設検索アプリの利用をおすすめします。

《JAFお得ナビ》

・推奨動作環境:iOS8.0からiOS11.3.1
・連携アプリ:iPhone標準マップ、Googleマップ、Yahoo!カーナビ

JAFお得ナビは、約48000以上あると言われる会員優待施設を簡単に検索出るアプリです。
JAF会員の方は会員証を提示することで割引サービスを受けることができますが、JAFデジタル会員証アプリとも連動しているため便利に活用することができます。
そのため「JAFデジタル会員証」アプリもあわせて利用されることをおすすめします。

(JAFお得ナビの便利な機能)
①現在地やエリア、ジャンル、キーワードからJAF会員優待施設を検索することができます。
②検索施設などのブックマーク機能があります。
③JAF会員のお得な情報をプッシュ配信してくれます。
④検索後、優待利用した施設などを保存することができます。
⑤優待額を入力することで、年間のお得な金額を集計することができます。
⑥各種ナビアプリと連動しているため、現在地からのルートを簡単に検索することができます。
⑦口コミを投稿、閲覧することができるため優待施設を探す際の参考になります。
⑧優待施設の人気ランキングをみることができるので、よく利用されている施設や飲食店などがひと目でわかります。
⑨JAFデジタル会員証と連動しているため、手軽に利用できます。

このように、JAFお得ナビは便利な機能を多数備えているので、自分の生活スタイルにあった優待サービスを受けることができます。

外出先でJAFお得ナビを利用することで、割引サービスを受けれる身近な優待施設を発見できるかもしれません。

レンタカーのJAF優待について

レンタカーを利用する際、JAFの優待を使うことができます。

また、レンタカーでの優待を考える場合、JAFの家族会員の登録をされてみてはいかがでしょうか。会費2000円でレンタカー割引の優待を受けることができます。

会員本人がいないときのことを考えると、もしものときの安心になります。

また、クレジットカードでの割引もあって重複して使えるため、場合によってはさらに割引率を上げることができます。

《レンタカー優待サービスの詳細》
①ニッポンレンタカー:ワンデイスキップ20%から55%割引
②トヨタレンタカー:レンタカー基本料金10%割引
③JR駅レンタカー:レンタカー基本料金10%割引
④日産レンタカー:レンタカー基本料金10%割引
⑤オリックスレンタカー:レンタカー基本料金10%割引
⑥タイムズカーレンタル:対象クラス レンタカー基本料金25%割引+免責補償コース加入料1080円から2160円/日→無料

一部ですが上記のような優待サービスを受けることができます。

また、ロードサービスは、レンタカーのあらゆるサービスに対応しているので安心して利用できます。

スポンサーリンク

おすすめのJAFナビ限定キャンペーン

ここでは、JAFナビだけのおすすめの限定キャンペーンを紹介します。
ただし、優待期間が決まっているため、ご利用の際は最新情報を確認してください。

《JAFナビ》
JAFナビ

《JAFナビ限定のキャンペーン一覧》
①和食さと:ご飲食代10%割引クーポン(優待期間:2018年7月20日から9月30日)
②はるやまグループ:はるやま3800円以上のワイシャツ・ネクタイ、5800円以上のスラックス 3点目無料+JAF通年優待10%割引(優待期間:2018年9月30日まで)
(その他にも多数の優待プランが用意されているため、詳しくは最新情報を確認してください)
③カスペルスキー:カスペルスキーセキュリティ 定価より30%割引
④家事代行のベアーズ:エアコンクリーニングが期間限定JAF会員特別価格になっています。
⑤すたみな太郎:ディナー限定 お食事代10%割引クーポン
⑥スマイルホテルズグループ:スマイルホテル下関 公式サイト料金から10%割引+レイトチェックアウト12時まで

このように、WEB限定を含めたJAFナビだけのお得なキャンペーンが多数用意されています。
食事やショッピングなど幅広い優待サービスがあるので、最新情報を確認の上ご利用されてみてはいかがでしょうか。

ココスの期間限定JAF優待サービスについて

2018年7月現在、ココスでの期間限定の特別優待は終了しています。次回の期間限定JAF優待サービスが予定されているので、こまめに最新情報を確認してみてください。

ここでは、会員優待施設一覧から、グルメジャンルの人気ランキングを紹介します。
また、優待期間については各店舗より確認してください。

《人気ランキングトップ10》
①すき家:現在、期間限定JAF優待サービスは終了しています。
②サンマルクカフェ:通年優待(全商品5%割引)、特別割引クーポン(全ドリンク50円引・コーヒー50円引)
③ロイヤルホスト:通年優待(ご飲食代5%割引)、特別割引クーポン(ご飲食代15%割引)
④牛角:通年優待(ご飲食代500円引)、特別優待クーポン(プレミアム・カルビプレート1組様1皿プレゼント)
⑤ステーキ宮:通年優待(ご飲食代3%割引)
⑥ロッテリア:通年優待(ふるポテ200円)、特別割引クーポン(フレンチフライポテトS 100円)
⑦すたみな太郎:通年優待(ソフトドリンクバー無料)、特別割引クーポン(ディナー限定 お食事代10%割引)
⑧鎌倉パスタ:通年優待(ご飲食代5%割引)、特別割引クーポン(ソフトドリンク1杯無料)
⑨和食さと:通年優待(ご飲食代5%割引)、特別割引クーポン(ご飲食代10%割引)
⑩てんや:通年優待(ご飲食代50円引)

JAF優待サービスのグルメジャンル人気ランキングは、上記のようになっています。

身近な飲食店が多いので、お出かけの際ご利用されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

北海道のJAFご当地情報について

ここでは、北海道エリアのJAFご当地情報を紹介します。

今回紹介する北海道エリアの各支部は以下のようになります。

・JAF札幌支部
・JAF函館支部
・JAF旭川支部
・JAF釧路支部
・JAF帯広支部
・JAF北見支部

《JAFご当地情報新着一覧》
①JAF帯広支部:とかち物産センター(優待内容:店内商品1000円以上購入の方は5%割引になります)
②JAF北見支部:陸上自衛隊美幌駐屯地(優待内容:陸自衛隊のくるま試乗、館内見学)
・締切日は2018年8月20日になります。
③JAF札幌支部:北海道日本ハムファイターズチケットJAF優待(開催日:2018年3月3日から10月2日)
・2018年8月25日は、札幌ドームでの試合終了後に野外での花火大会が予定されています。
④JAF旭川支部:占冠 湯の沢温泉 森の四季(優待内容:入浴料が100円引)
⑤JAF釧路支部:秋元亮太写真展(開催日:2018年8月1日から8月31日)
⑥JAF函館支部:道の駅 しかべ間歇泉公園(優待内容:各店舗で1000円以上の購入で100円引)

この他にも、新しいご当地情報が随時追加されています。
最新情報を確認の上、ご利用されてみてはいかがでしょうか。

いかがだったでしょうか?

今回、JAF 優待についてお話しました。

JAF優待サービスは幅広い施設で利用できるため、小さなお子様連れの方でも十分楽しむことができます。

JAFは優待サービスの充実に目がいきがちですが、地元の故障なら問題ありませんが遠出したときの故障ではとても頼りになります。
保険などの付帯サービスでは、提携業者が駆けつけてくるため技術や知識にムラがあることも多く、地域の専門店など情報をあまり持ち合わせていないことがあります。
しかし、JAFの場合、全国津々浦々どの場所で利用しても知識や技術のクオリティが保たれているため安心して利用することができます。

そういう意味でも、カーライフのアシスタントという感覚かもしれません。

最近では、ダイレクト系の通販型自動車保険が勢力を伸ばして競争も激しくなっています。
また、各社付帯させるロードサービスの内容も充実をはかってきています。

現在では優待サービスの利用が主な継続の利用になりつつあるため、新たなサービスの充実が必要なのかもしれません。

JAF 優待について知りたい方は、今回の記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク