iPhone バックアップ 写真

日常生活の様々な場面で利用するスマートフォン。
万一の故障・紛失に備えてバックアップをとっておくと安心です。
前回に引き続き、日本で圧倒的なシェアを誇るiPhoneのバックアップ方法や注意点についてご紹介します。

スマホのデータの中でも、多くの人がバックアップしたいものが写真や動画でしょう。
アプリの設定も大切ですが、写真や動画は思い出ともなるかけがえのないもの。
ところが、iTunesでバックアップを取ると写真のサイズが勝手に小さくなって保存されてしまう事例があるようです。
iCloudはそのままのサイズで保存できますが、無料で使える容量は5GBまで。足りなくなるとお金を払って容量を増やさなくてはいけません。

そこで、ここではiPhoneで撮った写真・動画のデータをiTunesとiCloudを使わずパソコンへ保存する方法をご紹介します。

≪必要なもの≫
・付属のUSBケーブル

≪事前準備≫
①iTunesの「自動同期」設定を無効にする
※有効になったままだと、iPhoneをパソコンとケーブルで接続した途端に同期が始まってデータが重複・削除・リサイズされることがあります。
②iTunesを起動、「編集」の「設定」から「デバイス」を選択。
③「iPod、iPhoneおよびiPadを自動的に同期しない」をチェックして「OK」をクリック。

≪手動で写真・動画のデータをパソコンへ移す手順≫
※Windows10の場合
①iPhoneを付属のUSBケーブルでパソコンと接続。
②「スタート」のアイコンを右クリック、「エクスプローラー」から「PC」を選択。
③「場像とビデオのインポート」ウィンドウが起ちあがって検索するので待つ。
④「新しい画像とビデオが見つかりました」と結果が出るので、「すべての新しい項目のインポート」を選択。
⑤写真がパソコンへインポートされるので待つ。完了するとフォルダが出るので、不足がないか確認をしてからウィンドウを閉じる。

※Macの場合
〇「写真」アプリケーションで保存する場合
①「写真」を起動、「読み込み」を選択。
※写真を選択して読み込む場合は「〇個の選択項目を読み込む」を選ぶ
②「すべての新しい写真を読み込む」を選択。
③写真を読み込み、保存ができていれば完了。

〇「iPhoto」アプリケーションで保存する場合
①「iPhoto」を起動、「○枚の写真を読み込む」を選択。
②読み込み中に重複した写真があれば、確認を求められます。
③元の写真をiPhone、iPadに残すか選択、保存できていれば完了。

スポンサーリンク

iPhone バックアップ itunes

ここでは、iTunesを使ったiPhoneのバックアップの手順についてご紹介します。

≪必要なもの≫
・付属のUSBケーブル

≪バックアップの手順≫
①パソコンとiPhoneを付属のUSBケーブルで接続して、iTunesを起動。
②iTunesの左上にiPhoneのマークが表示されるのでクリック。
③「バックアップ」欄の「自動的にバックアップ」で保存先を「このコンピュータ」にチェック。この際、バックアップを暗号化したい場合は「iPhoneのバックアップを暗号化」にもチェック入れておく。
④「今すぐバックアップ」をクリック。バックアップが完了すれば「最新のバックアップ」の下に作成日時が表示される。

iTunesで保存したバックアップのデータは“非暗号化”が標準ですが、③で設定を変更するとして暗号化することができます。

iPhone バックアップ icloud

ここでは、iCloudを使ったiPhoneのバックアップの手順についてご紹介します。

≪必要なもの≫
・Wi-Fiネットワークの環境

≪バックアップの手順≫
①iPhoneがWi-Fiに接続されていることを確認する
②「設定」の「ユーザ名」から「iCloud」を選択。
③「iCloudをバックアップ」をタップして、「iCloudバックアップ」がオンになっていることを確認。
④「今すぐバックアップを作成」をタップすると、バックアップを開始するので、Wi-Fiに接続したまま完了を待つ。

最新のバックアップの作成日時は、「今すぐバックアップを作成」の下に表示。
また、手動ではなく「iCloudバックアップ」がオンになっている状態で以下の条件を満たしていれば自動でバックアップを取得します。
・Wi-Fiに接続している
・電源に接続している
・画面ロックがかかっている

iCloudに保存したバックアップデータは“常に暗号化”されています。

iPhone バックアップ アプリ

Appleでは、公式なiPhoneのバックアップはiTunesとiCloudを使うことを推奨していますが、それ以外のアプリを使ってバックアップすることは可能です。

バックアップアプリは保存先が端末、クラウドサービスとどちらもあり、価格もサービス内容によって無料と有料のものがあります。ここではその中から一部をご紹介します。

〇Copy Trans Shelbee(無料)
対応OSはWindows10/8/7
バックアップデータの保存先をCドライブ以外の任意の場所に指定することができる。
「選択して復元」機能を使うには有料版が必要。
https://www.copytrans.jp/copytransshelbee/

〇JSバックアップ(無料)
アプリ、写真・動画、音楽、文書ファイルなどのバックアップデータをクラウドストレージに保管できる人気のアプリです。
また、PC版では写真や音楽などのメディアデータを自動で同期することもできます。
http://jsbackup.net/

〇dr.fone-iPhoneデータのバックアップ(無料)
対応OSはWindows、iOS(Mac)
バックアップとは少し異なりますが、iPhoneの起動障害から修復、削除された写真や連絡先を復元するソフトです。
https://drfone.wondershare.jp/ios-data-backup-and-restore.html