広島空港 時刻表

2018年に25周年を迎えた広島空港は、広島県を中心とした中国地方の人々の空の玄関口として、毎年多くの発着便を扱ってきました。

25周年を記念したイベントも行われており、現在広島空港を訪れれば、スタンプラリーや1日空港長イベントなど、普段は見られない広島空港の姿が見られることでしょう。

そんな広島空港では、国内線と国際線の両方が発着を繰り返しています。国内線は東京や札幌、仙台に沖縄といった地域が主なエリアです。

チャーター便であれば、大舘や能城といった東北地区や、沖ノ島や八丈島といった離島にも飛行機を飛ばしてくれるのです。

ユーラシア大陸と地理的に近いこともあり、ソウルや北京、シンガポールなどのアジア各国からの便も受け入れています。

多数の路線が入り乱れている広島空港の時刻表を確認したいときは、以下のURLが便利です。こちらは、それぞれの目的地別に時刻表を追うことができます。PDFファイルも用意されているので、印刷などを行いたい人にもおすすめです。http://www.hij.airport.jp/flight/diagram.html

広島空港 バス

広島空港は中国地方における重要な空の玄関口であり、そこまでの交通手段は多岐にわたります。

その中でも安定して利用されているのがバスです。

バスは電車などに比べて遅延や運休が少なく、発着便も比較的多いのが特徴といえます。

バス単体ではなく、JRなどを組み合わせて広島空港を訪れる人も少なくありません。

福山駅から広島空港まで移動したい場合は中国バスが運営するバスに乗ると良いでしょう。

約1時間で空港まで送り届けてくれます。

呉駅前から広島空港への移動の場合は、広島電鉄株式会社が運行するバスに乗ってください。

こちらも1時間程度で着きますし、料金は福山駅広島空港間とさほど変わりません。

リムジンバスなどの詳しい時刻表を知りたいときは、以下のURLから確認してみてください。
http://www.hij.airport.jp/access/bus_state_to_airport.php

広島空港 アクセス

広島空港へのアクセス手段としてはバスや車といったものが一般的です。

羽田空港におけるモノレールのような、直接乗り入れる形の鉄道はありませんが、JRの白市駅や西条駅、広島駅といった場所からであればバスを利用捨て数十分以内に広島空港まで到着するので、バスとJRを組み合わせてアクセスする人も多いのです。

マイカーを運転する場合は、河内インターチェンジが一つの目印になります。

広島市からであれば山陽自動車道を通るのが早いですし、福山市からくる場合も同様です。

所要時間とコストパフォーマンスを考慮したうえで、広島空港までの最適なアクセス手段を見出しましょう。

広島空港 駐車場

広島空港では空港の駐車場と県営駐車場、そして付近にある民営の駐車場を合わせると4,000台近いキャパシティで車を収容することができます。

このうち空港が運営している駐車場は30までなら無料でご利用いただけます。

24時間でも800円となっており、これは県営駐車場においても同様です。

民間の駐車場の場合は空港から少し離れていますが、その分料金は安めです。

1日いっぱい利用しても500円なので、長期的に車を止めておく予定がある人がこちらの方が料金としてはお得といえるでしょう。

ただし、民営の駐車場は空港の駐車場や県営駐車場と異なり、24時間営業ではない点に注意が必要です。

空港の駐車場に関しては以下のURLで料金のシミュレーションができるので、実際に利用する前にお試しください。
http://www.aeif.or.jp/hiroshima/calc/parking_calc.html

広島空港 レンタカー

広島空港の周辺には他の空港と同様にレンタカー会社が軒を連ねています。

レンタカーは空港からの移動だけでなく、その後の移動手段としても非常に有用です。

レンタカーをお得に借りるには、以下のURLにあるようなサイトから予約をするか、旅行プランにセットとして含まれるタイプのプランを選択することをおすすめします。
https://www.jalan.net/rentacar/search/AIR_A012/plan/

また、空港までレンタカー会社のスタッフが向かえに来てくれたり、レンタカーを乗り捨てる形で利用できるのかといった点を比較することで、使いやすいレンタカー会社を見極めていきましょう。

スポンサーリンク

公式メルマガの登録はこちら

SHIRITAIのお役立ち情報メルマガでは、ブログではお伝えできないお役立ちの最新情報をお届けしています。よろしければメルマガへも登録してみてください^^

メルマガの登録はこちら