東関東自動車道 事故

高速道路には、総延長が数百キロを超えるものもあれば百キロにも満たないものもあります。

東京から千葉、そして茨城まで通じている東関東自動車道は後者にあたる高速道路です。

総延長が短いからといって利用者が少ないわけではありません。

千葉県や茨城県から東京へ通勤に来る、もしくはその逆のパターンで利用する人も多いですし、ちょっとしたお出かけにも使える便利な道路なのです。

そんな東関東自動車道で事故が起きていないかをチェックしたいという場面もあると思います。

事故情報を見るには以下のサイトが便利です。
https://roadway.yahoo.co.jp/traffic/road/1027004/list

こちらは自己によって車線規制が起きている区間を知らせてくれるので、東関東自動車道を利用する前に見ておくと移動におけるタイムロスを減らすことができるでしょう。

東関東自動車道 路線図

関東近郊は様々な高速道路が入り乱れているといっても過言ではありません。

いくつものジャンクションがクモの巣のように張り巡らされているおかげで、1000万としと呼ばれている東京から車で移動する際に、効率的な経路を選択することが可能なのです。

東関東自動車道は千葉県の高谷ジャンクションから千葉県を東北方向に抜けて、茨城県の茨木趙ジャンクションまでを繋いでいる高速道路です。

高谷ジャンクションは東京からすぐのところにありますので、東京から千葉や茨城に移動する際にもよく用いられます。

関東近郊で入り乱れる高速道路の位置を把握しつつ東関東自動車道を的確なルートで進むには、路線図を頭に入れておくことが重要です。

東関東自動車道を利用する飴には、ぜひ以下のURLをチェックして路線図がどのようになっているのか理解しておきましょう。
http://www.ne.jp/asahi/expressway/dataroom/higashi-kanto_expwy.htm

東関東自動車道 料金

高速道路の料金を調べる方法にはいくつかの手段が存在します。

実際に高速道路を走るときのことを思い浮かべていただくと、インターチェンジやジャンクションから乗り入れて、また別の場所で降りるというのが普通だと思います。

そのため料金を調査する際には乗り降りするエリアをしっかりと見定めておくことが重要なのです。

東関東自動車道の料金をチェックする際には、インターチェンジ及びジャンクション名をチェックした後に、以下のような料金検索のサイトを活用すると良いでしょう。
https://www.driveplaza.com/dp/SmpSearchTop

例えば成田から茨城空港北の料金を調べてみると、通常料金で3,030円と表示されます。

こうした情報を予算として組み込んでおくと、旅行などのお出かけで無駄な出費を防げることでしょう。

東関東自動車道 グルメ

東関東自動車道は関越道をはじめとした大規模な高速道路とは異なり、いわゆるサービスエリアと呼ばれる施設が存在しません。

しかし酒々井パーキングエリアでは、地元千葉県の食材を活かしたグルメを食べることができます。

おすすめなのは「ちょこっとしびれる豚丼」です。

こちらはピリッと辛い花山椒と千葉県で育成された豚ロースが丼に乗った豪快なご当地グルメです。

ボリュームもたっぷりなので、成田空港で飛行機に乗る前にお腹を満たしておきたいといった方にもおすすめです。

塩バターパンや味噌コロッケといった軽く摘めるグルメもありますから、小腹が空いたときにご利用いただくのも良いでしょう。

ハンバーガーチェーン店やカフェもあるので、サービスエリアとさして変わらぬ感覚でご利用いただけるのが酒々井パーキングエリアの特徴です。

東関東自動車道 sa

高速道路を走る際にはsaに寄るのが何よりも楽しみという人もいると思います。

そんな方には残念なお知らせですが、東関東自動車道にはsaと名の付く施設は存在しません。

しかし一方で酒々井パーキングエリアは食事や休憩ができる施設が揃っており、高速道路でのドライブで疲れた身体を癒すことが可能なのです。

このように、パーキングエリアと冠されている施設でも調べてみると案外快適であることも多いので、名前だけで誤解することが無いようしっかり下調べすることをおすすめします。