ハロウィンジャンボ

そもそも、宝くじは地方自治体がみずほ銀行に委託して販売しています。

その収益金の40%ほどは、地方自治体の公共事業費などに使用されています。
また、福祉施設の整備や公園の整備事業、被災地の復興支援など、生活のなかでの身の回りのことにも使用されます。

そのほか、収益金を子育ての支援に限定した「子育て支援くじ」や、「東京2020大会協賛くじ」といった宝くじが限定で販売されることもあります。

宝くじの収益金は、災害対策事業としても使用されるため災害に強いまちづくりとして、身近な暮らしの中でも大きく役立っています。

そこで今回は、ハロウィンジャンボについてお伝えします。それでは一つひとつみていきましょう。

ハロウィンジャンボ宝くじ 2018

第765回ハロウィンジャンボ宝くじは、10月1日(月)から発売が開始されました。

◯宝くじ公式サイト
http://www.takarakuji-official.jp/

◯ハロウィンジャンボ宝くじ
http://www.takarakuji-official.jp/special/halloween2018/

発売期間は10月23日(火)までで、抽せんは10月30日(火)に行われます。

抽せん会場は豊洲PITで、「ハロウィンジャンボ宝くじ」と「ハロウィンジャンボミニ」の抽せんがともに行われます。抽せん会の概要は下記のページで確認できます。

◯抽せん会
http://www.takarakuji-official.jp/special/halloween2018/lottery/

また、抽せん会に関する問い合わせは、「ハロウィンジャンボ宝くじ抽せん会事務局」にて受け付けています。

(ハロウィンジャンボ宝くじ抽せん会事務局)

電話番号:03-5846-8024

事務局の開設期間:平成30年10月1日(月)~10月30日(火)まで

受付時間:土日祝を除く平日の10:00~17:00

ハロウィンジャンボミニ 2018

第766回ハロウィンジャンボミニも、ハロウィンジャンボ宝くじとあわせて10月1日(月)から発売しています。

◯ハロウィンジャンボミニ
http://www.takarakuji-official.jp/special/halloween2018/product/

ハロウィンジャンボミニは、当せん金総額は前年と概ね同じ水準ですが、10万円以上の当せん本数が前年のおよそ17倍となっています。

ハロウィンジャンボ 確率

そもそも、ハロウィンジャンボは秋の作物などをテーマとして考えられた宝くじで、以前はオータムジャンボと呼ばれていました。

イベントとしてハロウィンが浸透してきたこと、そして経済効果も大きいことからジャンボ宝くじのなかで1番売上の少ないオータムジャンボの売上促進もあるように思います。

最初に、ハロウィンジャンボと年末ジャンボを比べた場合、1等の当せん金額は年末ジャンボの方が高くなりますが、当せん確率をみるとハロウィンジャンボの方が高くなります。それでは、当選確率をみてみましょう。

◯ハロウィンジャンボの当選確率
・1等:(当選確率) 1/10,000,000
・1等の前後賞:(当選確率)1/5,000,000
・1等の組違い賞:(当選確率)1/101,010
・2等:(当選確率)1/3,333,333
・3等:(当選確率)1/333,333
・4等:(当選確率)1/10,000
・5等:(当選確率)1/1,000
・6等:(当選確率)1/100
・7等:(当選確率)1/10
・ハロウィン賞:(当選確率)1/10,000

◯ハロウィンジャンボミニの当選確率
・1等:(当選確率)1/2,000,000
・1等の前後賞:(当選確率)1/1,000,000
・2等:(当選確率)1/50,000
・3等:(当選確率)1/5,000
・4等:(当選確率)1/1,000
・5等:(当選確率)1/100
・6等:(当選確率)1/10
・ハロウィンミニ賞:(当選確率)1/3,333

上記のようになっていますが、ハロウィンジャンボミニの方が金額は小さくても本数が多いという考えもあります。
ただし、どちらも天文学的な確率のため、ハロウィンジャンボミニの方が当たりやすいということにはなりません。

無理のない程度の金額でハロウィンジャンボを購入して、幸運が訪れることを信じるしかないように思います。

ハロウィンジャンボ 売り場

最寄りの宝くじ売り場を検索する場合は、宝くじ公式サイトから簡単に検索できます。

◯宝くじ公式サイト「宝くじを買いたい」
https://bit.ly/2IyG1o5

こちらのページでは、位置情報を利用しての宝くじ売り場の検索、都道府県・市町村を選択することで希望する宝くじ売り場などを検索できます。
また、住所・駅名などキーワードからも宝くじ売り場を検索できます。

そのほか、「宝くじネット」では高額当せんの出た宝くじ売り場を検索できます。

(宝くじネット)
http://www.takarakujinet.co.jp/

(ジャンボ幸運の売り場)
・宝くじネットのトップページ ≫ ジャンボ宝くじ・幸運の売場
http://www.takarakujinet.co.jp/jumbo/index6.html

こちらのサイトもあわせて参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ハロウィンジャンボ 料金

ハロウィンジャンボとハロウィンジャンボミニの価格は1枚300円になります。

発売概要や当せん金・本数については、宝くじ公式サイトの「商品情報」で確認してください。

◯宝くじ公式サイト「商品情報」
http://www.takarakuji-official.jp/special/halloween2018/product/

◯宝くじの新しい3つの買い方について
・3連バラ:バラ10枚の3セットの計30枚セットで9000円になります。

・福連100:組は10種類、下2ケタすべてある連10枚の10セットの計100枚セットで30000円になります。

・福バラ100:組は100種類すべてあり、下2ケタもすべてあるバラ10枚の10セットの計100枚セットで30000円になります。

詳しくは、宝くじ公式サイトの「新しい3つの買い方」で確認してください。

(新しい3つの買い方)
http://www.takarakuji-official.jp/special/halloween2018/guide/

スポンサーリンク

いかがだったでしょうか?

今回、ハロウィンジャンボについてお話しました。

はじめに「子育て支援くじ」について少しふれましたが、この収益金は保育所や児童館の整備、子どもの医療費助成など、
子育て支援という身近なサービスへの取り組みとしてとても大きなものです。

とくに、宝くじを通して、社会全体の子育てを支えるというこの取り組みは、日本の宝を育むということにつながります。

これまでには、地域医療に限定した宝くじもありましたが、「子育て支援くじ」のように園児の送迎バスや子育ての環境づくり、
子育て支援の拠点事業、産前産後のケアセンターなど、これまでとは違った子どもたちにダイレクトに返ってくる収益金としてとても意味があるように思います。

宝くじを楽しみなが、一番身近な子育てを支援できるような宝くじをこれからも期待します。

ハロウィンジャンボについて知りたい方は、今回の記事を参考にしてみてください。