中央自動車道 事故

中央自動車道は甲州街道と中山道をなぞるように整備された高速道路です。

中央自動車道を利用する方の多くは、関東と東海地方を行き来する際の足として利用していることでしょう。

東名高速道路や新東名高速道路も同様に関東から東海を結んでいますが、中央自動車道は海沿いではなく内陸を通過していることが大きな特徴といえます。

そんな中央自動車道の事故状況を調べたいと思った人は、以下のURLをブックマークしておくと便利です。
https://roadway.yahoo.co.jp/traffic/road/1033006/list

こちらは事故が起きたという事実だけでなく、それによってどのような規制が行われたのかといった事実も同時に記されているので、高速道路を使用する人にとって非常に便利なのです。

また以下のURLにあるようなニュースサイトをチェックしておくと、中央道の事故に関する詳細な状況を知ることができるでしょう。https://news.biglobe.ne.jp/topics/domestic/0325/40926.html

中央自動車道 路線図

中央自動車道の関東川の入り口としては、調布インターチェンジや八王子インターチェンジを活用する人も多いと思います。

そこから神奈川県を経由して山梨へとはいり、大槻ジャンクションなどを経てから内陸部を突き進むのです。

途中にはいくつものインターチェンジやパーキングエリアがあり、ドライバーにとってはどこで乗り降りするのか迷ってしまう高速道路でもあります。

中央自動車道は長野県に入ってから山道を進み、最終的には名古屋の小牧で東名高速道路の合流することになるのです。中央自動車道を利用する際には、他の道路との兼ね合いを見極めることが重要です。

岡谷ジャンクションでは長野自動車道と合流しますし、双葉ジャンクションでは中部横断自動車道と交わります。

自分が目指しているエリアに向かうにはどの道路を通った方が効率的なのかを以下の路線図などで調べてから中央自動車道を利用した方が良いでしょう。http://www.ne.jp/asahi/expressway/dataroom/chuo_expwy.htm#S51.05.18

中央自動車道 料金

中央自動車道は海沿いを走る東名高速道路や新東名高速道路と同様に、東海地方と関東を結ぶ陸路として長年機能しています。

山道を通るから遠回りだろうと思われがちですが、混雑状況や目的地によっては東名や新東名よりも効率的なドライブを実現することも可能なのです。

そんな中央自動車道の料金については、休日割引や深夜割引が適用されます。

休日割引とは土曜日や日曜日といった休日に高速道路を利用することで通常よりも料金が割引されるというシステムです。

午前0時から4時までの間に高速道路を利用すると深夜割引となります。

こうした割引を利用しない場合、中央自動車道の八王子から川口湖は約2000円の料金がかかります。

休日や深夜割引だとそこから500円以上お得になるので、割引を使えるときはなるべく利用した方が良いといえるでしょう。

中央自動車道 グルメ

中央自動車道では長野や岐阜といった自然豊かな地域の魅力をたっぷりと味わえるグルメが勢ぞろいしています。

恵那峡サービスエリアで食べられるのは、飛騨地方のとらふぐを用いた懐石料理です。

ふぐといえば毒のある魚として有名ですが、育成環境によっては無毒で美味しい魚介になるのです。

飛騨のミネラルをたっぷり含んだ水で育てられているため、甘みのある独特の食感の食材として皆さんを喜ばせてくれることでしょう。

長野県の駒ケ根サービスエリアでは名物の信州そばが食べられます。

地元の美味しいグルメを食べたい人は、ぜひ中央自動車道で休憩してみてください。

中央自動車道 sa

中央自動車道は毎年多くの観光客を招き寄せる名物saが揃っています。

談合坂saには関東地方のお土産が各種揃っているので、東海や飛騨地方に帰省する前にお土産を買いたいときに役立ちます。

24時間営業の丼屋もあるので、サクッとお腹を満たしたいときにぜひご利用ください。

諏訪湖saでぜひご賞味いただきたいのが山賊焼きです。

ニンニクや醤油で下味をつけた鶏肉をカラッと揚げた名物グルメを定食の形でご賞味いただけます。

地元グルメの魅力を知りたいのであれば、まずはsaに立ち寄ってみるのも一つの手段です。