カレンダー

カレンダーは、星や太陽の動きを観察して作られたものですが、そのもととなっているのもはグレゴリオ暦です。

そもそも、グレゴリオ暦とは、いまから400年以上まえにグレゴリオ13世が作ったものです。

このグレゴリオ暦を日本で使い始めたのは明治6年のことで、そのなかの春分の日や秋分の日は、地球の自転や公転などの動きによって決まります。

ところで、カレンダーには、日曜始まりと月曜始まりがあります。どちらも正式なものですが、現行の週という概念は「宗教」によって大きく異なります。

まず、キリスト教では、一週間の始まりは日曜日とされています。キリスト教はユダヤ教から派生した宗教ですが、そのユダヤ教では土曜日が安息日でした。

そのごキリスト教になり、キリストの復活日が日曜だったことから日曜日を安息日に変えました。聖書には、キリストは週のはじめに復活したと書かれています。

一方、欧州では、産業革命の影響で労働者が使いやすいように、働いたあとに休む「月曜始まり」を採用しています。また、国際基準のISOでいうと、カレンダーは月曜始まりと規定されいます。

この月曜始まりの考えは、日本でも明治以降使用していましたが、戦後アメリカがキリスト教の教えに従い日曜始まりを採用していたため日本もそれに倣い日曜始まりを使いだしました。

そのため、現行では国際基準の月曜始まりと、これまでの慣習として日曜始まりを使う2種類が存在しています。

そこで今回は、カレンダーについてお伝えします。それでは一つひとつみていきましょう。

カレンダー 2019

2019年(平成31年)のカレンダーは、下記のサイトで確認できます。

◯日めくり!カレンダー.com
http://www.himekuricalendar.com/year2019

◯便利.com
http://www.benri.com/calendar/2019.html

◯UIC
https://calendar.uic.jp/2019/

◯パソコンカレンダーサイト
http://www.pasokoncalendar.com/calendar-list.php?year=2019

こちらのサイトでは、年間カレンダーや1ヶ月カレンダーをPDF形式で保存できます。
さまざまな種類のカレンダーが紹介されているので、使う人にあわせたカレンダーを選ぶことができます。

2019年(平成31年)の祝日について

2019年(平成31年)の祝日は下記のようになっています。

・2019年1月1日:元日
・2019年1月14日:成人の日
・2019年2月11日:建国記念の日
・2019年3月21日:春分の日
・2019年4月29日:昭和の日
・2019年5月3日:憲法記念日
・2019年5月4日:みどりの日
・2019年5月5日:こどもの日
・2019年5月6日:振替休日(こどもの日の振替休日)
・2019年7月15日:海の日
・2019年8月11日:山の日
・2019年8月12日:振替休日(山の日の振替休日)
・2019年9月16日:敬老の日
・2019年9月23日:秋分の日
・2019年10月14日:体育の日
・2019年11月3日:文化の日
・2019年11月4日:振替休日(文化の日の振替休日)
・2019年11月23日:勤労感謝の日

スポンサーリンク

カレンダー 2018 無料

2018年(平成30年)のカレンダーは、下記のサイトでダウンロードできます。

◯ハッピーカレンダー
http://happylilac.net/hp-calendardesign2018.html

こちらのサイトでは、さまざまなシチュエーションにあわして、 和風モダンなカレンダー、モノクロタイポグラフィカレンダー、
北欧風ブルーグリーンカレンダーなど、デザインの異なったカレンダーをダウンロードできます。

◯ちびむすカレンダー
https://happylilac.net/calendar_2018-2019.html

こちらのサイトでは、干支のイラスト入りカレンダーやシンプルなデザインのカレンダー、六曜入りのカレンダーなど、さまざまな種類のカレンダーがダウンロードできます。

◯WEB STUDIO ARACHNE
https://www.arachne.jp/excelcalendar/

こちらのサイトでは、月曜始まりのエクセルカレンダーや日曜始まりのエクセルカレンダー、年間計画表、月間計画表など、さまざまなカレンダーがダウンロードできます。

スポンサーリンク

カレンダーアプリ

最近では、スマートフォンの普及から、スケジュール管理もアプリを利用している人が多くいます。

しかし、カレンダーアプリも、デザインがシンプルなものや豊富な機能を備えたものまで千差万別で、
なかなか自分の用途にあったものが見つかりません。

ただ、毎日目にするアプリのため、デザインの良さや見やすくて使いやすいかどうかも重要な要素です。

そのほか、シンプルで分かりやすいことや、操作しやすいことも重要です。

豊富な機能は一つのアプリでさまざまなことができますが、操作が煩雑になったり動作が遅くなったりと、
使用しているうちにかえってストレスを感じることがあります。

◯ Time Tree
こちらのアプリは、仕事仲間や家族、サークルなどグループで予定を共有したい人にオススメです。

とくに、夫婦で利用する場合、自分と相手のスケジュールを重ね見ることができるため、
子ども行事予定やお互いの仕事の予定など、ひと目で把握できて便利に利用できます。

また、仕事仲間やサークルなどグループで利用する場合も、それぞれのメンバーからのメッセージや予定の更新が、
共有している全員にリアルタイムで通知されます。

そのほか、共有しているそれぞれのメンバーとは、予定毎にチャットができるので細かな予定の調整ができます。

「 Time Tree」は、小学校のママ友間での情報の共有や、職場での利用、家族での予定の共有に最適なアプリです。

共有しているメンバー同士の予定が見えることで、予定の調整がしやすく細かな調整はチャットを利用して、という使い方がむいています。

スポンサーリンク

◯ Lifebear
こちらのアプリは、ToDoリストやメモ帳、日記など一つのアプリですべてのことをまかないたい人にオススメです。

まず、「Lifebear」を手帳アプリとしてみた場合、予定毎に色分けやスタンプを使うことができるため、
ひと目で把握しやすい予定表が作れます。

「Lifebear」はカレンダー、ToDo、ノート、日記がひとつになっている多機能アプリのため、
急ぎの用件などやらないといけないタスクをそのままTo Doリストで管理できます。

また、その日の出来事や思い出など、その瞬間に感じたことを日記に書き留めることもできます。

「Lifebear」はカレンダー、ToDo、ノート、日記がひとつなっていることで、
そのときのシチュエーションにあわせて手軽に使い分けることができます。

そのほか、もともと見やすい画面ですが、カスタマイズすることで自分だけのオリジナルの手帳を作ることができます。

日記にもスケジュール管理にも使えて、タスクの管理、メモ機能は記録としても使えるので、
このアプリひとつですべてを管理することができます。

◯Yahoo!カレンダー
このアプリは、天気を確認しながらスケジュールの管理ができて、スポーツ試合追加機能や占いなど、
ユーザーの意見をアップデートごとに反映しているオススメのアプリです。

たとえば、野球が好きな人は、好きなチームを設定しておくと試合日程をひと目で把握できます。

また、スタンプ機能で視覚的にも予定が把握しやすく、急いでいるときは予定を簡単に登録できます。

豊富なきせかえテーマは、その日の気分や季節にあわせてカスタマイズすることができて、自分だけのオリジナルカレンダーが作れます。

もともとがシンプルなカレンダーだけに、スタンプ機能やテーマによる色分けで見やすくなり使いやすさも一段と変わります。

シンプルな操作で手軽にスケジュールの管理がしたい人にむいているアプリです。

スポンサーリンク

カレンダー ジョルテ

ジョルテカレンダーは、手帳感にこだわった多機能カレンダーアプリであり、システム手帳アプリでもあります。

とくにカレンダーの共有機能が便利で、アイコンやウィジェットが多数用意されていることでカスタマイズ性があるため人気があります。

また、「ジョルテ」を利用している人は、Googleカレンダーと連携させて使っている人が多くいます。

スケジュール管理をGoogleカレンダーで行い、ジョルテの便利な機能であるウィジェットを利用します。
ジョルテのウィジェットは、サイズも豊富で透過度も自由に変更できるので、ホーム画面においてもジャマにならず予定が把握しやすくなります。

そのほか、複雑な予定を一括で管理できることもジョルテの特徴です。

紙の手帳のように細かくスケジュールが管理できることがジョルテの人気にもつながっていて、週の開始曜日の設定はもちろん、GoogleのToDoアプリとも連携できる自由度の高さがあります。

ジョルテは、スマートフォンやタブレット、PCなどデバイス間での同期をリアルタイムで行うので、デバイスを選ばずスケジュールの管理ができます。

そして音声入力にも対応しているので、ちょっとしたメモも簡単に記録できます。

ジョルテは、多機能でありながらも、カテゴリ毎にアイコンを選べたりしてカスタマイズ性が高いことから、予定が複雑になってもひと目で把握できます。

紙の手帳のような細かなスケジュールの管理と、カレンダーアプリのカスタマイズ性や手軽さを融合させたのがジョルテです。

スポンサーリンク

カレンダー イベント

イベントカレンダーは、下記のサイトで確認できます。

◯明治150年 明治の歩みをつなぐ、つたえる
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/meiji150/portal/event.html

こちらのサイトでは、日付を選択すると1日の開催イベントを一覧で確認できます。
また、 ポップアップで1日の開催イベントの表示や、イベント名をクリックすると外部サイトのイベント詳細ページにアクセスできます。

◯ウォーカープラス 全国のイベント一覧
https://www.walkerplus.com/event_list/

こちらのサイトでは、エリアやカテゴリを絞り込むことで、全国のさまざまなイベントが確認できます。

今日明日や今週末のイベントにくわえて、よく使われる検索条件も表示されるので、いま注目のイベントも見逃すことがありません。

◯じゃらんnet
https://www.jalan.net/news/article/195833/

こちらのサイトでは、秋のイベントを中心に紅葉のライトアップやハロウィン、グルメフェスなど、いま注目のイベントが確認できます。

また、秋の花火大会など期間限定のイベントはもちろん、エリアごとのオススメのイベントをじゃらんが提案してくれます。

スポンサーリンク

いかがだったでしょうか?

今回、カレンダーについてお話しました。

常に持ち歩くスマートフォンでは、カレンダーアプリによるスケジュールの管理が一般的になってきました。

夫婦や家族間でスケジュールの共有や、職場でのスケジュールの共有、小学校のママ友間での行事予定の共有など、
カレンダーアプリならではの使い方でより便利に活用できます。

また、多機能なカレンダーアプリでは、ToDo機能や日記、メモなどさまざまな機能をそなえていて、
アプリひとつでシチュエーションごとに使い分けることができます。

逆に、カレンダー機能に絞ったシンプルなアプリもあって、使いやすさや手軽さ、動作の軽さから愛用している人も多くいます。

紙の手帳と違い、カレンダーアプリは自由度の高さから自分だけのオリジナルカレンダーを作れることが人気の一つです。

毎日見るカレンダーだからこそ、自分だけのオリジナル性をだすことも利用する上での楽しさにつながっています。

カレンダーについて知りたい方は、今回の記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク