磐梯吾妻スカイライン 紅葉

磐梯吾妻スカイラインとは福島県福島市の高湯から土湯峠にいたる全長 28.7km,標高 750~1623mの高所を通る道路のことです。日本の道100選にも選ばれた観光名所となっています。

近くの温泉地で湯巡りができることも魅力的ですし、紅葉の名所としても知られ毎年多くの観光客が訪れています。

磐梯吾妻スカイラインで見られる紅葉は9月下旬頃から色づき始め、例年の紅葉の見頃は10月上旬から10月中旬となっています。ナナカマド、ダケカンバ、モミジなどの木々の紅葉を堪能することができます。

その中でもおすすめスポットとしては、「不動沢橋」が挙げられ、吾妻八景のひとつであるつばくろ谷にかかる高さ84メートルの不動沢橋からは、福島市街を一望することができ、絶景です。

また、富士の斜面に紅葉が広がる絶好のポイントである「天狗の庭」もおすすめです。大きな岩が点在しており、天狗が枚遊んだという言い伝えもあるそうです。

磐梯吾妻スカイライン 天気・気温

平均標高1350メートル、最高地点1622メートルの山岳道で、四季折々の景色が楽しめるドライブスポットとして有名な磐梯吾妻スカイライン。せっかくおでかけするのであれば天気のいい日や気温がちょうどいい日に行き思う存分楽しみたいですよね。

磐梯吾妻スカイラインの天気予報のチェックは下記のサイトでチェックすることができます。

《日本気象協会 tenki.jp》
https://tenki.jp/leisure/2/10/39/75773/

こちらで今日・明日の天気や3時間天気・1時間天気、直近10日間の天気をチェックすることができます。

天気や気温だけではなく標高が高い場所だからこそ気になる風向きや風の強さもチェックできるので便利ですよね。

 

磐梯吾妻スカイライン 料金

磐梯吾妻スカイラインは、以前は普通車1570円、大型車(Ⅰ)2410円、大型車(Ⅱ)5570円、軽自動車等1150円、軽車両等150円の有料道路でした。

しかし2013年から無料道路となっています。

磐梯吾妻スカイライン・磐梯吾妻レークライン・磐梯山ゴールドラインの有料道路の3ラインが無料開放されたわけですね。

福島市の高湯温泉から土湯峠まで、吾妻の山並みを縫うパノラマコースである磐梯吾妻スカイライン。

秋元湖や小野川湖の湖沼と樹林が織りなす景色が素晴らしい磐梯吾妻レークライン、磐梯山や猪苗代湖を臨むことができ、雄大な表磐梯や荒々しい爆裂火口側の裏磐梯など見る位置ごとに表情を変える磐梯山の威力や魅力を体感することができる磐梯山ゴールドラインの無料開放はとても嬉しいですね。

磐梯吾妻スカイライン 通行止め

磐梯吾妻スカイラインはその時期の天候や状況によって通行止めになる場合があります。

現在は吾妻山の噴火レベルが2に上がったことから磐梯吾妻スカイラインは2018年9月15日より全面通行止めとなっています。

また、台風の影響により通行止めとなる場合もあります。

現在の交通情報に関しては一般社団法人福島市観光コンベンション協会の公式ページから確認をすることができます。

《浄土平便り(磐梯吾妻スカイライン)》
https:// www.f-kankou.jp/bandaiazuma-jododairadayori/

お出かけの際は交通情報をしっかり確認してからがいいですね。

 

磐梯吾妻スカイライン ツーリング

これだけ景色のいい磐梯吾妻スカイラインですので、当然ドライブだけではなくツーリングにも非常に適しています。

磐梯吾妻スカイラインでは春は雪の回廊、秋は美しい紅葉の山並みを楽しむことができますし、休憩ができるレストハウスなどもあります。

磐梯山爆裂火口の絶壁や、猪苗代湖の景観を結ぶ道路となっており清らかで美しい景色を楽しむことができ、走りやすい道路です。ルートの途中には滝も多く、展望台から眺めることができます。

小野川湖、秋元湖に沿うように走る道路です。森の中を走っている感覚になれるほど自然豊かなコースとなっています。

新緑の見頃は5月頃、紅葉の見頃は10月頃となっておりツーリングに最適な気温の時期に素晴らしい景色も楽しめるということですね。