Apple ID

Apple IDとは、Appleサービスを利用するときに、ユーザーを識別するためのアカウントのことをいいます。

iTunes Storeでの音楽や映像などの各種コンテンツのダウンロードや、App Storeでのさまざまなアプリのダウンロード、
またiCloudとったAppleのオンラインストレージサービスなど、Appleのサービスを利用する上ではかかせないものです。

そのほか、Apple Online Storeでショッピングをする際にも必須なアカウントで、各種サービスと個人情報が紐付いている重要なアカウントでもあります。

ここ最近では、セキュリティーのレベルを上げるため2ファクタ認証を設定するなど、、安心してAppleのサービスを利用することができます。

そこで今回は、Apple IDについてお伝えします。

それでは一つひとつみていきましょう。

Apple IDの作成方法について

Apple IDは、各種コンテンツやアプリのダウンロード、iCloudの各サービスを利用するためには必要です。
そのため、iPhoneなどのiOS機器を初めて購入したときには必ず作成します。

最近では、iCloudバックアップをはじめ、Appleが提供するサービスはiPhoneだけでもできるようになりました。

Apple IDを新規で作成するにはさまざまな方法がありますが、その中からiPhoneの設定アプリ内で新規作成する方法を詳しく紹介します。

Apple IDの作成は数分で済みパソコンも不要なため、Apple IDを未設定にしているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

iPhoneの設定アプリからApple IDを新規作成する手順

①最初に、ホーム画面にある設定アプリ開きます。

②画面に「iPhoneにサインイン」と表示されているのでそちらをタップします。

③画面真ん中の「Apple IDをお持ちでないか忘れた場合」をタップします。

④表示されているポップアップのなかの「Apple IDを作成」をタップします。

⑤生年月日の入力画面が表示されるので、画面下を操作して生年月日を入力します。

⑥次へをタップして、名前を入力します。

⑦次へをタップすると、使用するメールアドレスを選ぶ画面が表示されます。

Gmailを使う場合は「現在のメールアドレスを使用」、Apple IDの作成と同時にiCloudのメールアドレスを取得する場合は「無料のiCloudメールを取得」を選択します。

⑧「メールアドレス」の画面が表示されるので、「@icloud.com」より前の部分を入力します。

⑨「Appleからのニュースとお知らせ」をチェックして、「次へ」をタップします。

その際、確認画面が表示されますが「続ける」をタップします。

⑩続いて、Apple ID用のパスワードの設定画面が表示されます。

ここで設定するパスワードは、8文字以上であること、そして数字と英文字の大文字と小文字が含まれている必要があります。

⑪「確認」の部分にも同じパスワードを入力後、「次へ」をタップします。

⑫「電話番号」の入力画面が表示されますが、ここではSIMカードの電話番号が自動で入力されています。

⑬次に、「電話番号の確認方法」を選択します。

基本的には「SMS」を選択しますが、SMSを受け取ることができない場合などはSMSを受け取ることのできる電話番号を入力します。

⑭入力後に「次へ」をタップすると、SMSで確認コードが届きます。

⑮届いた「確認コード」を入力して「次へ」をタップします。

⑯「利用規約」が表示されるので、画面下の「同意する」をタップします。

⑰確認画面が表示されるので、再度「同意する」をタップします。

⑱「iPhoneのパスコードを入力」の画面が表示されるので、ロック解除用のパスコードを入力します。

⑲iCloudにサインインした状態になり、Apple IDの作成は完了です。

上記の手順ですすめると、Apple ID作成と同時にiCloudのメールアドレスを取得できます。

iPhoneを使用する上で、Apple IDは必ずしも必須ではありませんが、できれば端末のアクティベーションをするときにApple IDの新規作成をオススメします。

また、iTunes StoreやApp Storeでコンテンツやアプリを購入するときは、支払い方法の登録や請求先住所、電話番号などの登録が必要です。

Apple IDを変更する方法

最初に、Apple IDを変更する場合は、サインインしているデバイスや各種サービスからサインアウトしておくことをオススメします。

サインアウトしておくことで、変更したときのトラブル回避にもつながり、変更後のApple IDでスムーズにサインインできます。
また、Appleのサポートでも、「Appleの端末とサービスからサインアウトすること」と記載されています。

◯変更前にサインアウトする各種サービスの一覧

・iTunes Store

・App Store

・iCloud

・FaceTime

・メッセージ

・GameCenter

・Mac(Windows)

・Apple TV

・Apple Store(Appleサポート・Appleサポートコミュニティ)

スポンサーリンク

Apple IDを変更する手順

最近では、セキュリティーの関係から、2ファクタ認証を設定されていると思います。
そのため、Apple IDを変更する場合は、手順途中で確認コードの入力が求められます。

①最初に、iPhoneのSafariで「Appleアカウントの管理」のサイトにアクセスします。

(Appleアカウントの管理)

・https://appleid.apple.com/

②アクセスした「Appleアカウントの管理」のサイトで、「Apple ID」と「パスワード」を入力します。

③2ファクタ認証画面が表示されるので、「確認コードを受信していませんか?」をタップし、続けて「SMSを送信」をタップします。

確認コードの受信は、SMS以外に音声通話で受信することもできます。

④確認コードを受信したら、表示されている入力欄に確認コードを入力します。

⑤サインインできたら、一番上に表示されている「アカウント」をタップします。

⑥「アカウント」の画面が表示されたら、画面上部の「メールアドレスを編集」をタップします。

⑦表示されている画面で、新しいメールアドレスを入力して「次へ」をタップします。

⑧メールアドレスに「確認コード」が送られてくるので、表示されている画面に「確認コード」を入力します。

⑨これで新しいApple IDへの変更は完了です。

上記の手順で設定していくことで、新しいApple IDに変更できます。

例外もありますが、基本的には他のApple IDで使用されているメールアドレスでない限り自由に変更できます。

Apple IDのロック解除方法

新しいiPhoneを購入した際のトラブルとして、Apple IDを作成した直後にApple IDのロックがかかってしまうことがあります。

ここでは、Apple IDの新規作成後にロックがかかってしまった場合の解除方法について紹介します。

Apple IDのロックがかかってしまった場合の解除手順

①最初に、ホーム画面の設定アイコンをタップします。

②表示されている画面の少し下にある「iTunes StoreとApp Store」をタップします。

③新しいApple IDをタップし、続いて「サインアウト」をタップします。

④iPhoneの電源をオフにして、再度電源をいれます。

⑤ホーム画面の設定アイコンをタップし、続けて「iTunes StoreとApp Store」をタップします。

⑥表示されている画面上部の「サインイン」をタップして、新しく作成したApple IDでサインインします。

新しくApple IDを作成した直後にロックがかかってしまった場合、上記のような比較的簡単な手順でロックを解除できます。

ロックがかかってしまい、アプリなどがダウンロードできないときはここで紹介した手順を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Apple IDを削除する方法

Apple ID削除の手続きは、Apple公式サイトの「データとプライバシー」から簡単に行うことができます。
ただし、Apple IDを削除した場合、下記のようなことができなくなるので注意が必要です。

◯Apple IDを削除した場合の注意点

・App StoreやiTunes Store、iBooks Storeで購入したコンテンツにアクセスできなくなります。

・iCloud上に保存されている全てのデータが削除されます。

・iMessageやFace Time、iCloudメールに送られてくるメッセージが受信できなくなります。

・Apple IDを使用するiCloud、iTunes Store、iBooks Store、App Store、Apple Pay、iMessage、Face Time、iPhoneを探すなど、Appleのサービスが利用できなくなります。

・Appleのサービスに関連しているデータが削除されます。

・GeniusBarの予約やApple Careのサポート予約はすべてキャンセルされます。

Apple IDを削除する手順

①Apple公式サイトの「データとプライバシー」にアクセスします。

(データとプライバシー)

・https://privacy.apple.com/

②画面中央の「Apple IDを使ってサインイン」のところに、Apple IDを入力してサインインします。

③「データの管理」が開くので、「アカウントを削除」の項目の「開始する」を選択します。

④画面に「アカウントを削除する前に」が表示されるので、「理由を選択」から任意のものを選び「次に進む」を選択します。

⑤Apple IDを削除した際、キャンセルが発生するサービスの一覧が表示されます。

⑥キャンセルされるサービスを確認後、「次に進む」を選択します。

⑦「削除の利用規約」が表示されるので、確認後に「これらの条件を読み、同意します」にチェックをいれて「次に進む」を選択します。

⑧「アカウントの状況に関するアップデートを取得する方法を選択してください」の画面が表示されるので、
重要なメッセージを受取る連絡手段を選択してから「次に進む」を選択します。

⑨画面中央に「12桁のアクセスコード」が表示されるので、メモなどに控えて「次に進む」を選択します。

⑩表示されている画面に、先ほど控えた「12桁のアクセスコード」を入力して「次に進む」を選択します。

⑪「アカウントの削除?」の確認画面が表示されるので、「アカウントを削除」を選択してApple IDの削除は完了です。

⑫基本的には、Apple IDは1週間ほどでAppleの各種サービスから削除されます。

Apple公式サイトの「データとプライバシー」からApple IDを削除する場合は、MacのSafariやGoogle Chrome、WindowsのInternet ExplorerやGoogle Chrome、
iPadのモバイル版Safariからしか削除の手続きができません。

iPhoneのブラウザからは、Apple IDの削除ができないので注意してください。

スポンサーリンク

Apple IDのパスワードを変更する方法

Apple IDは、各種コンテンツのダウンロードやiCloudといったAppleのサービスを利用する上で必要です。

現在の最新機種であるiPhone Xでは、「Face ID」を利用することでパスワードを入力する手間が省けて便利になりました。
ただし、セキュリティの関係上、同じパスワードを使い続けるのはオススメしません。

長期間パスワードを変更していない方は、この記事を参考にして変更されてみてはいかがでしょうか。

Apple IDのパスワードを変更する手順

Apple IDのパスワードは、iPhoneからでも簡単に変更できます。

ここでは、手軽に変更できるiPhoneを使用した変更の手順を紹介します。

①最初に、ホーム画面の「設定」アプリを開き、画面少し下の「iTunesとApp Store」をタップします。

②「iTunesとApp Store」の画面が表示されるので、画面一番上の「Apple ID」をタップします。

③画面に表示されている項目の「Apple IDを表示」をタップします。

④「iTunes Storeにサインイン」と表示されるので、パスワードを入力して「OK」をタップします。

⑤「アカウント」の画面が表示されるので、画面一番上にある「Apple ID」をタップします。

⑥「Appleアカウントの管理」が表示されるので、Apple IDとパスワードを入力してパスワード入力欄にある「矢印」をタップします。

⑦「セキュリティ質問に答えてください」と表示されるので、設定した答えを入力して「続ける」をタップします。

⑧「Appleアカウントの管理」にログインするので、表示している項目の「セキュリティ」をタップします。

⑨「セキュリティ」の画面が表示されるので、「パスワードを変更」という項目をタップします。

⑩パスワードの編集画面が表示されるので、現在のパスワードと新しいパスワードを入力して画面右上にある「変更」をタップします。

⑪「Apple IDの確認」が表示されたら「設定」をタップします。

⑫表示されている画面で新しいパスワードを入力して、「サインイン」をタップします。

⑬登録しているメールアドレスに「Apple ID情報が更新されました」、というメッセージが届けばパスワードの変更は完了です。

スポンサーリンク

Apple IDを忘れた場合の確認方法

Apple IDは、名前や生年月日といった個人情報と紐付けられていて、Appleのサービスを利用する上では必須で重要なアカウントになります。

ここでは、Apple IDを忘れたときやApple IDがわからなくなったときに、iPhoneで確認する方法を紹介します。

iPhoneでApple IDを確認する方法

Appleの公式サイトでは、Apple IDの情報を管理するための「Appleアカウントの管理」のサイトがあります。

①iPhoneのSafariで「Appleアカウントの管理」のアクセスします。

(Appleアカウントの管理)

・https://appleid.apple.com/

②画面下の「Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」をタップします。

③「サインインできませんか?」と表示されるので、画面真ん中にある「こちらで検索できます」をタップします。

④表示されている画面の必要項目に、Apple IDに登録した「姓名」と「メールアドレス」を入力して、「続ける」をタップします。

⑤入力した情報と一致するApple IDが表示されます。

⑥「Apple IDが見つかりません」と表示された場合は、「もう一度試す」をタップして別のメールアドレスを入力します。

上記の手順ですすめることで、Apple IDを簡単に確認できます。

Apple IDを忘れてしまったときは、これまでに利用したことがあるメールアドレスを入力して有効なApple IDなのか確認してみてください。

スポンサーリンク

いかがだったでしょうか?

今回、Apple IDについてお話しました。

iPhoneやMacなど、Apple製品を使用している方にとってApple IDは重要なアカウントです。

最近では、AppleのクラウドサービスであるiCloudには、文章や写真、連絡先などさまざまな個人のデータが保存されています。

以前は、iTunesを利用してパソコンのなかにバックアップを保存じていましたが、現在ではiCloudバックアップといったクラウド上に自動的にバックアップを保存する機能もあり、
なおさらApple IDが重要なものになってきています。

Appleは、Apple IDを利用することで、すべてのデバイスでシームレスに同じ環境を再現できる便利さを提供してくれました。

また、パソコンの需要が下がるなか、iPhoneというデバイスだけでさまざまなことができるように革新的なサービスも提案してくれます。

Apple IDは、そのような革新的なAppleのサービスを利用するためにはなくてはならない存在です。

Apple IDについて知りたい方は、今回の記事を参考にしてみてください。